「爆発卵」の版間の差分

編集の要約なし
[[電子レンジ]]で殻のままの[[鶏卵|卵]]を調理すると、通常はレンジ内で爆発してしまう。これは以下のような理由によるものである。
'''爆発卵(ばくはつたまご)'''は、[[電子レンジ]]を使って作る[[ゆで卵]]。
 
電子レンジで殻のままの卵を調理すると、通常はレンジ内で破裂してしまう。これは:1. 電子レンジによる調理では卵の中心部から均等に加熱されるためことより、黄身の部分から水分の沸騰が発生し、体積の膨張した[[水蒸気]]が急速に充満するために発生する現象である。
:2. 黄身は白身と殻に包まれているために外気よりも高圧となり、沸点が上昇する
ところが破裂する前に取り出された場合にも、白身に包まれた内部には高圧のために100℃を超えても沸騰せずに残留している水分が存在するため、その後の殻むきや口に運んだ時に外気に曝されると、急激な減圧のために沸点が下がり、平衡破綻型の[[水蒸気爆発]]が発生することがある。このようなゆで卵のことを俗に爆発卵と呼ぶ。こうした現象は[[圧力鍋]]でも発生するほか、殻を剥いた状態のゆで卵の再加熱においてもしばしばみられ、ごくまれではあるが通常の[[鍋]]による加熱によっても起こることがある。
:3. 黄身は熱膨張による体積の増加に伴い、白身と殻を押し破って外気に触れることになるが、この瞬間に急激な減圧が起こる
:4. 沸点が下がることで黄身に含まれる水分が一気に蒸発気化し、平衡破綻型の[[水蒸気爆発]]が発生する
 
ところが破裂する前に取り出された場合にも、白身に包まれた内部には高圧のために100℃を超えても沸騰せずに残留している水分が存在するためその後の殻むきの際や口に運んだ時に黄身が外気に曝されると、急激な減圧れば同様ために沸点が下がり、平衡破綻型の[[水蒸気爆発]]が発生することがあになる。このような状態の[[ゆで卵]]のことを俗に'''爆発卵'''と呼ぶ。こうした現象は[[圧力鍋]]でも発生するほか、殻を剥いた状態のゆで卵の再加熱においてもしばしばみられ、ごくまれではあるが通常の[[鍋]]による加熱によっても起こることがある。
 
ゆで卵を電子レンジで調理しても爆発させないためには、卵内部の温度を100℃以内に保つことが必要である。このため卵を[[アルミホイル]]で包んでから水の入ったコップなどに入れて茹で上げる方法も存在するが、アルミホイルが直接電磁波を受ければ発火する危険性があることや、必ずしもこの調理法で作ったゆで卵が爆発しないとも言い切れないため、専用の調理器具を用いる場合を除いては行わないことが望ましい。
匿名利用者