「サウスパーク」の版間の差分

編集の要約なし
 
;シャロン・マーシュ
: スタンの母。ランディが時折とる奔放な行動に頭を悩ませることもあるが、シャロンがおかしくなることもある。離婚の話が進んだときには男を家に連れ込んだことも。巨乳らしい
 
;シェリー・マーシュ
 
;シーラ・ブロフロフスキー
: カイルの母。母親達の中では特に教育に熱心で、躾に厳しい。活動家となることも多い。映画ではアメリカの攻撃長官に上り詰め、カナダを諸悪の根源として戦争を煽った。カートマン曰くビッチらしい
 
;アイク・モイシャ・ブロフロフスキー 
;リアーン・カートマン
: カートマンの母。[[両性具有]]者で、実は父親である。息子を「エリックちゃん」と呼び甘やかす。基本的に緩い考え方の持ち主で、息子の我侭にもよく従っている。男好きで、家に連れ込んだり自分の身体を利用することもしばしば。
たまにカートマンを叩く時がある。
 
==== マコーミック家 ====
 
;キャロル・マコーミック
: ケニーの母。彼女が働いて収入を得ている。ややヒステリック。口元にいつもシミがついている
 
;ケビン・マコーミック
 
;[[サダム・フセイン]]( Saddam Hussein ) (?)
: 元イラク大統領。サウスパーク最大の敵。ゲイでサタンのことが好き。初登場は第1シーズンでの「イノシシに殺された」という報道。次の登場では何故か生き返っておりカナダを支配しようとした。映画では地獄でサタンと協力して世界を支配しようとした。その後も何度か登場しているが、殆どの場合殺されている。(無論冗談だが、映画版での本国声優のクレジットは「HIM SELF」すなわち彼自身となっている。)昔はサタンと地獄にいたが、サタンにフラれ現在天国にいる。
 
;トム( Tom Pusslicker, the News Anchor ) (?)
匿名利用者