「江本孟紀」の版間の差分

 
==政界へ==
その後政界入りし、[[1992年]]7月の[[第16回参議院議員通常選挙]]で[[スポーツ平和党]]より、[[参議院]][[比例代表]]選出で出馬。この年の阪神タイガースの躍進を「始めだけ」と冷評していたが、選挙運動では一転し、甲子園球場前の街頭演説では「阪神は必ず優勝する!」とアピール作戦をとった。結果、初当選。[[清原和博]]が、初の[[日本選手権シリーズ|日本シリーズ]]において一塁上で号泣したことを指し、「人前で涙を見せるなど男じゃない」と[[朝まで生テレビ]]などで発言していたが、本人はこの初当選時に人目をはばからず号泣していた。
[[1995年]]スポーツ平和党を'''猪木の党運営上の金銭疑惑により猪木と対立'''し、'''党副代表を辞任'''、'''離党'''して無所属に。[[自由連合]]、[[無所属の会]]に短期間在籍(当時の無所属の会は院内[[会派]]で、政党化は[[1998年]])。[[内閣総理大臣指名選挙|総理大臣指名選]]で支持した後の[[経世会]]会長[[橋本龍太郎]]が総裁の[[自由民主党]]入党も検討したが、[[細川護熙]]らと[[1997年]][[12月26日]]、[[フロムファイブ]]、1998年の1月23日[[民政党]]、4月27日[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]の結成に参加。[[1998年]]7月の[[第18回参議院議員通常選挙]]に、民主党より比例代表選出で再選。[[2004年]]に民主党を離党し、[[大阪府]][[知事]]選挙に立候補するが現職の[[太田房江]]に完敗。
:*自身が代表の政治団体「'''エモヤンサポーターズクラブ'''」は現在も大阪府知事候補の資金管理団体として存続、したがって政界引退してない人物である
匿名利用者