「乙骨淑子」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
'''乙骨 淑子'''(おつこつ よしこ、[[1929年]]([[昭和]]4年)[[7月7日]] - [[1980年]](昭和55年)[[8月13日]])は、日本の[[児童文学作家]]。[[東京都]]出身。私立桜蔭高女(現・[[桜蔭中学校・高等学校]])卒業。
[[1954年]]に[[柴田道子]]らと[[同人誌]]「こだま」を創刊して以来、創作活動に専念。代表作の一つである『十三歳の夏』は[[少年ドラマシリーズ]]でテレビドラマ化された
 
[[1954年]]に[[柴田道子]]らと[[同人誌]]「こだま」を創刊して以来、創作活動に専念。
長編文学『ピラミッド帽子よ、さようなら』を未完のまま、[[1980年]]に51歳で逝去。没後、[[理論社]]より『乙骨淑子の本』(全8巻)が刊行された。
 
匿名利用者