「一色義定」の版間の差分

編集の要約なし
m (cprobot: subst Template:生没年)
'''一色 義定'''(いっしき よしさだ、?<!--[[永禄]]元年([[1558年]])--> - [[天正]]10年[[9月8日 (旧暦)|9月8日]]([[1582年]][[9月24日]])))?)は[[一色氏]]の当主。[[一色義道]]の子、別名'''義有'''・'''義俊'''・'''満信'''。五郎。妻は[[細川幽斎|細川藤孝]]の娘の[[菊の方]]
 
剛勇に優れた猛将で、父の義道と共に[[織田信長]]軍の侵攻を退けていたという。しかし[[1579年]]、父が味方の裏切りによって殺されると、家督を継いで一色氏の残党を率い、[[弓木城]]で徹底抗戦する。
 
このため[[明智光秀]]は、[[細川幽斎|細川藤孝]]の娘を義定に娶わせることで和議を結んだ。その後は信長に仕え、[[1581年]]の[[京都御馬揃え]]にも出席している。しかし1582年の[[本能寺の変]]の前、義父の藤孝に[[宮津城]]に招かれて殺害された。没した日について、『一色軍記』においては本能寺の変以前の2月に義俊(義定)が殺害されたことになっているが、『丹州三家物語』においては9月に殺害されたとしており、上宮津盛林寺に存在する「一色満信」の位牌においても9月8日と記されている
 
[[Category:一色氏|よしさた]]
[[Category:戦国武将|いつしきよしさた]]
<!--某ゲームの設定のため
[[Category:1558年生|いつしきよしさた]]
-->
[[Category:1582年没|いつしきよしさた]]
6,464

回編集