メインメニューを開く

差分

m
 
== 藩史 ==
[[1600年]]、[[関ヶ原の戦い]]で幸長は東軍に与して功を挙げたため、[[紀伊国]][[和歌山紀州藩]]へ加増移封された。その後、はじめは家康八男の[[松平仙千代]]が平岩親吉の後見のもとに入ったが、同年のうちに夭折。そのため、家康九男の[[徳川義直]](五郎太丸)が25万石で入るが、幼少であったため、やはり親吉の後見を受けた。
 
[[幕藩体制]]下でも甲斐は重要拠点と見なされている。義直と親吉が[[尾張国|尾張]]に加増移封された後、[[徳川秀忠]]の三男で[[徳川家光]]の弟・[[徳川忠長]]が入る。しかし忠長は[[駿河国]]、[[遠江国]]も所領とされていたため、居城は[[駿府|駿河国府中]]にあった。忠長はやがて素行の悪さから改易される。
その後、甲府藩は廃藩されて[[天領]]となっていたが、家光の三男・[[徳川綱重]]が入ることで復活した。綱重は嗣子の無い兄・[[徳川家綱]]の後継者と目されていたが早世し、子の[[徳川家宣]](当時は綱豊)が後を継ぐ。しかし、嗣子が無い[[徳川綱吉]]が娘婿である[[徳川綱教]]死後、綱豊を後継者と決め、家宣として[[江戸城]]西の丸に移ることとなった。
 
その後、綱吉政権下で有名な[[側用人]]・[[柳沢吉保]]が15万石で入る。甲斐には将軍の一族以外が入るという例は無く、これは異例中の異例のことである。つまり、吉保はそれだけ綱吉からの信任を得ていたのであろう。[[柳沢吉保|吉保]]隠居後は、吉保の長男・[[柳沢吉里]]が家督を継ぐが、享保時代、[[徳川吉宗]]によって[[柳沢吉里]]は[[大和国]][[郡山藩]]に移封された。<br>
 
以後、甲斐国は、甲府城に詰める甲府勤番の支配となり、再び天領となった。幕末の動乱期、甲府城は幕府軍と新政府軍激突の場となり、そして[[明治時代]]を迎えた。
 
1,302

回編集