「甲府藩」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 戦国時代 ==
[[甲斐国|甲斐]]は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]、[[武田氏]]の本拠地であった。[[武田信玄]]は「人は城 人は石垣 人は堀」と述べたように、甲斐を他国の軍勢に攻め入らせたことは一度として無かった。これは、信玄が優れた戦略家であったことにもよるが、甲斐が山に囲まれた天然の要害であり、攻め入りにくかったためでもある。しかし、信玄は存命中、甲斐に城らしい城を築きもしなかった。甲斐にあったのは、[[躑躅ヶ崎館]]という居館だけである。これは、戦国武将として異例のことであると言えよう。<br>
 
しかし信玄の死後、後を継いだ[[武田勝頼]]は[[長篠の戦い]]で[[織田信長]]に敗れて大敗し、新府城を築城して再建を計ったものの、[[1582年]]3月には滅ぼされてしまった。
しかし信玄の死後、後を継いだ[[武田勝頼]]は[[長篠の戦い]]で[[織田信長]]に敗れて大敗し、[[新府城]]を築城して再建を計ったものの、[[天正]]10年([[1582年]])3月には滅ぼされてしまった。
 
武田氏滅亡後、信長は重臣の[[河尻秀隆]]に甲斐一国を与えた。しかし同年6月、[[本能寺の変]]が起こって信長が横死すると、甲斐では旧武田氏の遺臣による一揆が勃発し、その混乱の中で秀隆は一揆衆に殺害されてしまった。信長・秀隆の死によって空白地帯となった甲斐は、その後に侵攻してきた[[徳川家康]]が支配するところとなり、家康は家臣の[[平岩親吉]]を[[甲府城]]に入れて、甲斐の守備を任せた。
 
天正18年([[1590年]]、家康が関東に移ると、親吉もそれに従って関東に移る。その後、甲斐には豊臣氏の家臣である[[豊臣秀勝]]、[[加藤光泰]]、[[浅野長政]]・[[浅野幸長]]父子が次々と入れられた。ちなみに、光泰以外は皆、[[豊臣秀吉]]の数少ない縁者たちである。それだけ、甲斐は豊臣政権下でも重要地域であったということであろう。
 
== 藩史 ==
[[慶長]]5年([[1600年]]、[[関ヶ原の戦い]]で幸長は東軍に与して功を挙げたため、[[紀伊国|紀伊]][[紀州藩]]へ加増移封された。その後、はじめは家康八男[[岩親吉]]の養子・[[徳川仙千代]]が平岩親吉の後見のもとに入ったが、同年のうちに夭折。そのため、家康九男[[徳川義直]](五郎太丸)が25万石で入るが、幼少であったため、やはり親吉の後見を受けた。
 
[[幕藩体制]]下でも甲斐は重要拠点と見なされている。義直と親吉が[[尾張国|尾張]]に加増移封された後、[[徳川秀忠]]の三男で[[徳川家光]]の弟・[[徳川忠長]]が入る。しかし忠長は[[駿河国|駿河]][[遠江国|遠江]]も所領とされていたため、居城は[[駿府|駿河国府中]]にあった。忠長はやがて素行の悪さから改易される。
 
その後、甲府藩は廃藩されて[[天領]]となっていたが、家光の三男・[[徳川綱重]]が入ることで復活した。綱重は嗣子の無い兄・[[徳川家綱]]の後継者と目されていたが早世し、子の[[徳川家宣]](当時は綱豊)が後を継ぐ。しかし、嗣子が無い[[徳川綱吉]]が娘婿である[[徳川綱教]]死後、綱豊を後継者と決め、家宣として[[江戸城]]西の丸に移ることとなった。
その後、綱吉政権下で有名な[[側用人]]・[[柳沢吉保]]が15万石で入る。甲斐には将軍の一族以外が入るという例は無く、これは異例中の異例のことである。つまり、吉保はそれだけ綱吉からの信任を得ていたのであろう。[[柳沢吉保|吉保]]隠居後は、吉保の長男・[[柳沢吉里]]が家督を継ぐが、享保時代、[[徳川吉宗]]によって[[柳沢吉里]]は[[大和国]][[郡山藩]]に移封された。
 
以後、甲斐国は、甲府城に詰める甲府勤番の支配となり、再び天領となった。幕末の動乱期、甲府勤番を廃止し、甲府城代を設置した。また、[[戊辰戦争]]での旧幕府軍と新政府軍激突の場となり、そして[[明治時代]]を迎えた。
 
== 幕藩体制下での甲斐の重要性 ==
徳川家康は武田信玄と宿敵の間柄にあったが、その反面で信玄の戦略に尊敬の念を抱いていた。そのため、信玄の領国であった甲斐を重要拠点と見なしていた。<br>
 
家康は、[[江戸城]]が窮地に陥ったとき、もしくは落城となったときは、内藤[[新宿]]から[[甲州街道]]を進み、[[八王子市|八王子]]を経て甲府城に逃れるという防御体制を取っていた。つまり、甲府城は江戸城の詰城であり、何よりも重要な拠点だったというわけである。だからこそ、柳沢一族の例外を除いて、甲府は徳川一族か、天領による支配下としたのである。<br>
家康は、[[江戸城]]が窮地に陥ったとき、もしくは落城となったときは、内藤[[新宿]]から[[甲州街道]]を進み、[[八王子市|八王子]]を経て甲府城に逃れるという防御体制を取っていた。つまり、甲府城は江戸城の詰城であり、何よりも重要な拠点だったというわけである。だからこそ、柳沢一族の例外を除いて、甲府は徳川一族か、天領による支配下としたのである。
 
しかしながら、[[大政奉還]]後は、甲府城が先に落城し、家康の目論みは生かせずに江戸城は無血開城された。
 
== 甲府勤番 ==
[[享保]]9年(1724([[1724]])、[[柳沢吉里]]の[[郡山藩|郡山]]移封後に将軍[[徳川吉宗]]は[[享保の改革]]の一環として天領拡大のため、甲斐国直轄支配のために創設された[[江戸幕府]]の職制。[[老中]]支配下。定員2名で、役高は3000石。甲府城内大手と山手に配置され、配下に勤番士200名、[[与力]]20人、[[同心]]50人を付けられ、甲府城の守護と府中政務や[[訴訟]]の処理を務める。
 
幕府[[小普請組]]から多く任命されており、平均着任年齢は50代。勤番を機に要職から退くケースも多く、幕臣の素行不良の懲戒や仕事場を失った余剰幕臣の受け皿であり、勤番任命は「山流し」と言われ[[旗本]]・[[御家人]]にとっては改易一歩寸前の左遷にも等しい職務であるとも評される。
 
[[甲府学問所]]を設立した[[滝川利雍]](出羽守)や『[[甲斐国志]]』を編纂した[[松平定能]](安房守)らがいる。
 
[[慶応]]2年([[1866年]])、甲府勤番は廃止され、代わりに甲府城代が設置された。
 
== 歴代藩主 ==
=== 河尻家(織田政権下) ===
[[織田政権]] - 22万石
#[[河尻秀隆]](ひでたか)([[河尻秀長]]の父)
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
|- style="background:#eee"
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[河尻秀隆]]<br /><small>かわじり ひでたか</small>
|長蔵寺院
|[[肥前国|肥前守]]
|[[天正]]10年(3月 - 6月)<br />[[1582年]]
|56
|[[河尻氏|河尻家]]
|}
 
=== 豊臣家(豊臣政権下) ===
[[豊臣政権]]
#[[豊臣秀勝]](ひでかつ)(豊臣秀吉の養子)
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
|- style="background:#eee"
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[豊臣秀勝]]<br /><small>とよとみ ひでかつ</small>
| -
| -
|[[天正]]18年 - 天正19年<br />[[1590年]] - [[1591年]]
|24
|[[豊臣氏|豊臣家]]
|}
 
=== 加藤家(豊臣政権下) ===
豊臣政権 - 24万石
#[[加藤光泰]](みつやす)([[加藤貞泰]]の父)
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
|- style="background:#eee"
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[加藤光泰]]<br /><small>かとう みつやす</small>
|曹渓院
|[[従五位|従五位下]]<br />[[遠江国|遠江守]]
|[[天正]]19年 - [[文禄]]2年<br />[[1591年]] - [[1593年]]
|57
|[[加藤氏|加藤家]]
|}
 
=== 浅野家(豊臣政権下) ===
豊臣政権 - 22万石→[[紀伊国|紀伊]][[紀州藩]]37万6千石
#[[浅野長政]](ながまさ)(豊臣秀吉の義弟。浅野幸長・[[浅野長晟]]の父)
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
#[[浅野幸長]](よしなが)(浅野長政の子。浅野長晟の兄)
|- style="background:#eee"
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[浅野長政]]<br /><small>あさの ながまさ</small>
|傳正院
|[[従五位|従五位下]]<br />[[弾正少弼]]
|[[文禄]]2年 - [[慶長]]5年<br />[[1593年]] - [[1600年]]
|65
|[[浅野氏|浅野家]]
|-
! style="background:#eee"|-
|[[浅野幸長]]<br /><small>あさの よしなが</small>
|清光院
|[[従四位|従四位下]]<br />[[紀伊国|紀伊守]]
| -
|38
|浅野家
|}
 
=== 徳川平岩家 ===
[[譜代大名|譜代]] - 6万3千石→甲府藩執政→[[尾張国|尾張]][[犬山藩]]12万3千石
25万石→23万8000石→35万石([[親藩]])
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
#[[徳川義直]](よしなお)従四位下。右兵衛督。徳川家康の九男。徳川秀忠の弟。
|- style="background:#eee"
#[[徳川忠長]](ただなが)従三位。権中納言。徳川秀忠の三男。徳川家光の弟。
! 代
#[[徳川綱重]](つなしげ)正三位。参議。徳川家光の三男。徳川家綱の弟。徳川綱吉の兄。
! 氏名
#[[徳川家宣]](綱豊)(いえのぶ)正三位。権中納言。徳川綱重の長男。
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[平岩親吉]]<br /><small>ひらいわ ちかよし</small>
| -
|[[従五位|従五位下]]<br />[[主計頭]]
|[[慶長]]5年 - 慶長8年<br />[[1600年]] - [[1603年]]
|70
|[[平岩氏|平岩家]]
|}
 
=== 徳川家(尾張徳川家) ===
[[親藩]] - 25万石→尾張[[清洲藩]]53万石
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
|- style="background:#eee"
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[徳川義直]]<br /><small>とくがわ よしなお</small>
| -
|[[従四位|従四位下]]<br />[[右兵衛督]]
|[[慶長]]8年 - 慶長12年<br />[[1603年]] - [[1607年]]
|51
|[[徳川氏|徳川家]]
|}
 
=== 徳川家(駿河徳川家) ===
親藩 - 20万石→[[駿河国|駿河]][[駿府藩]]55万石
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
|- style="background:#eee"
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[徳川忠長]]<br /><small>とくがわ ただなが</small>
|峰巌院
|[[従三位]]<br />[[中納言|権中納言]]
|[[元和 (日本)|元和]]4年 - [[寛永]]元年<br />[[1618年]] - [[1624年]]
|28
|[[徳川将軍家]]
|}
 
=== 徳川家(甲府徳川家) ===
親藩 - 25万石
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
|- style="background:#eee"
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[徳川綱重]]<br /><small>とくがわ つなしげ</small>
|清揚院
|[[正三位]]<br />[[参議]]
|[[寛文]]元年 - [[延宝]]6年<br />[[1661年]] - [[1678年]]
|35
|徳川将軍家
|-
! style="background:#eee"|2
|[[徳川家宣|徳川綱豊]]<br /><small>とくがわ つなとよ</small>
|文昭院
|正三位<br />[[中納言|権中納言]]
|延宝6年 - [[宝永]]元年<br />[[1678年]] - [[1704年]]
|51
|[[甲府徳川家]]
|}
 
=== 柳沢家 ===
[[譜代大名|譜代]] - 15万石→[[大和国|大和]][[郡山藩]]15万石
15万石([[譜代]])
{| class="wikitable" style="text-align:center" border="1" frame="box" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="3"
#[[柳沢吉保]](よしやす)従四位下。[[美濃国|美濃]]守。左権少将。[[柳沢安忠]]の長男。
|- style="background:#eee"
#[[柳沢吉里]](よしさと)従四位下。侍従。[[甲斐国|甲斐]]守。柳沢吉保の長男。
! 代
! 氏名
! 院号
! 官位
! 在職期間
! 享年
! 出身家
|-
! style="background:#eee"|1
|[[柳沢吉保]]<br /><small>やなぎさわ よしやす</small>
| -
|[[従四位|従四位下]]<br />[[美濃国|美濃守]]
|[[宝永]]元年 - 宝永6年<br />[[1704年]] - [[1709年]]
|56
|[[柳沢氏|柳沢家]]
|-
! style="background:#eee"|2
|[[柳沢吉里]]<br /><small>やなぎさわ よしさと</small>
|乾徳院
|従四位下<br />[[甲斐国|甲斐守]]
|宝永6年 - [[享保]]9年<br />[[1709年]] - [[1724年]]
|59
|柳沢家
|}
 
== 支藩 ==
* [[甲府新田藩]]1万石
 
== 関連項目 ==
* [[藩の一覧]]
* [[武田氏]]
 
[[Category:藩|こうふはん]]
2,766

回編集