「泣く女」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''泣く女'''(なくおんな)は、[[パブロ・ピカソ]]の描いた[[キュビスム]]、抽象画。
ピカソの友人、写真家であった「ドラ・マール」をモデルにした、有名な作品の一つ。
そもそも、ピカソの描いた泣く女は青の時代に描かれたものである。
それを抱きかかえる母親は泣きに泣いて天に向かって叫んでいるように思えるほどである。
口の中から飛び出るように出ている舌がその証拠である。
 
 
{{DEFAULTSORT:なくおんな}}
[[Category:パブロ・ピカソの作品]]
[[Category:キュビズム]]
3,614

回編集