「ちりとてちん (テレビドラマ)」の版間の差分

;鞍馬太郎 (くらま たろう) - [[竜雷太]]
:天狗芸能会長。大阪に「天狗座」という大きなお笑いの劇場を持つ。1992年に古希を迎えたが、それでも東京に漫才専門の小屋を作ろうとするなど、精力的に働いている。甘党で和菓子に目がない。関西の芸能界に大きな勢力を持ち、彼に睨まれる事は芸能界での死を意味する。
:落語家を抱える関西の芸能事務所はいくつかあるが、大阪に自前の劇場を持つこと、1992年に東京進出を図っていることから考えて、天狗芸能のモデルは[[吉本興業]]だと思われる{{要出典}}。ただし、天狗座の舞台に本人役で登場した[[横山たかし・ひろし]]は[[松竹芸能]]所属。
;万葉亭柳眉 (まんようてい りゅうび) - [[桂よね吉]] 
:若手実力派の落語家。かつては草々・尊建と三人で「上方落語三国志」と言われた。かつてのライバル草々の動向が気になり、寝床寄席の前身となった落語会にも足を運んでいる。
1,930

回編集