メインメニューを開く

差分

+Template
{{武士/開始|駒井政武}}
'''駒井政武'''(こまいまさたけ(生没年不詳))は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[武田氏|甲斐武田氏]]家臣。[[駒井政時]]の子。[[駒井信為]]の弟。[[駒井政直]](昌直)の父。号は'''高白斎'''。名は昌頼とも。
{{武士/肖像|}}
{{武士/時代|[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]}}
{{武士/生誕|不詳}}
{{武士/死没|不詳}}
{{武士/改名|政武、高白斎}}
{{武士/別名|昌頼}}
{{武士/主君|[[武田信虎]]→[[武田信玄|晴信]]}}
{{武士/氏族|[[甲斐源氏]][[武田氏]]流[[駒井氏]]}}
{{武士/父母|父:[[駒井政時]]}}
{{武士/兄弟|[[駒井信為|信為]]、'''政武'''}}
{{武士/子|[[駒井政直|政直]]}}
{{武士/終了}}
 
'''駒井 政武'''(こまい まさたけ(生没年不詳))[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[武田氏|甲斐武田氏]]家臣。[[駒井政時]]の子。[[駒井信為]]の弟。[[駒井政直]](昌直)の父。号は'''高白斎'''。名は昌頼とも
[[駒井氏]]は[[甲斐源氏]]武田氏の分流で、[[巨摩郡]]駒井郷([[山梨県]][[韮崎市]])を本拠とする一族。「高白斎政武」は[[武田信虎]]の頃より武田家に仕え、積翠寺郷を領していた。特にその子[[武田晴信]](信玄)の代に取次役を務め、外交面でも活躍。武将としても[[信濃国]][[藤沢城]]攻めで活躍している。[[甲州法度次第]]の起草を行い、信玄に提出したという。また信虎から晴信期の史料となる『高白斎日記』(『高白斎記』とも)を記した。
 
[[駒井氏]]は[[甲斐源氏]]武田氏の分流で、[[巨摩郡]]駒井郷([[山梨県]][[韮崎市]])を本拠とする一族。「高白斎政武」は[[武田信虎]]の頃より武田家に仕え、積翠寺郷を領していた。特にその子[[武田晴信]](信玄)の代に取次役を務め、外交面でも活躍。武将としても[[信濃国]][[藤沢城]]攻めで活躍している。[[甲州法度次第]]の起草を行い、信玄に提出したという。また信虎から晴信期の史料となる『高白斎日記』(『高白斎記』とも)を記した
 
また信虎から晴信期の史料となる『'''高白斎日記'''』(『高白斎記』とも)を記した。
 
== 生涯 ==
[[天文 (元号)|天文]]10年([[1541年]])8月16日、[[今川氏]]は外交の方針転換により、[[北条氏]]と富士南麓の領土紛争に発展したため、両家は武田氏へ援助を求める(『[[妙法寺記]]』)。同年10月22日、今川氏と北条氏の和議のため休戦となり、10月24日に今川氏と北条氏の和議が成立した(『高白斎日記』)。
 
天文11年([[1542年]])9月26日、[[藤沢頼親]]が籠城する[[信濃国]][[伊那郡]][[藤沢城]]を陥落させた(『妙法寺記』)。
 
天文16年([[1547年]])5月30日、[[甲州法度次第]]の起草を行い、信玄に提出したという(『高白斎日記』)。
 
== 異説 ==
* 駒井高白斎と駒井政武は別人であるという説がある([[吉川弘文社]]『戦国人名事典』などより)。
 
== 参考文献 ==
* [[平山優]]「駒井高白斎の政治的位置」『戦国史研究』
 
{{DEFAULTSORT:こまい まさたけ}}
2,766

回編集