「海上保安学校」の版間の差分

m
sty
(「海上保安官」より、一部移動)
m (sty)
[[海上保安学校]](かいじょうほあんがっこう、英語名:Japan Coast Guard School)は、[[海上保安庁]]の職員の養成を目的に設置されている[[海上保安庁]]の施設等機関。設置根拠は[[国土交通省]]組織令第二百五十四条。[[京都府]][[舞鶴市]]にある。全寮制であり、コースにより1年から2年の寮生活となる。
 
学校の目的は、国土交通省組織令で次のように規定されている。
 
学生は入校と同時に[[国家公務員]]として海上保安庁の職員に採用され、学費は必要なく給与が支給される([[2003年]]現在で俸給月額138,800円)。このように給与の支給される学校は他に[[海上保安大学校]]、[[防衛大学校]]、[[防衛医科大学校]]、[[気象大学校]]、[[航空保安大学校]]などがある。
 
== 海上保安学校生 ==
*海上保安学校生は海上保安官として巡視船に乗組むため、教育する機関に所属している国家公務員である。全寮制であり、コースにより1年から2年の寮生活が待っている。
 
== 海上保安学校課程 ==
**'''カリキュラム'''
***(全課程共通科目)基礎教養(法学概要、国際法、海上保安業務概要等)、英語(Ⅰ)、情報処理(Ⅰ)、小型船舶操縦、体育・基本動作、乗船実習、統合実習、数学、基礎科学、海上安全業務、情報処理(Ⅱ)、海象、気象、天文、水路業務管理、測量、図誌・印刷、通信運用
 
 
== 外部リンク ==