「薛永」の版間の差分

意気投合した薛永と宋江は一緒に食事を取ろうとするが、今度は穆春たちが「二人に飲み食いさせたら店を叩き壊す」と触れ回っていたため、何処にも入れず、宋江はそのまま流刑地の江州へ、薛永は宿に戻りすぐこの地を後にしようとした。しかしそれより早く穆春が手下を引き連れてやって来て、薛永は袋叩きの目に遭い、拉致された挙句、穆家の納屋の梁から吊るされてしまう。このまま嬲り殺しかと思われたが、なんとあの宋江が助けに現れた。穆家と縄張りを接し、親交のある掲陽嶺の親分[[李俊]]と宋江はすで面識があり、李俊から宋江の素性を聞かされた穆兄弟は無礼を謝り、逆に宋江を歓待した。穆春とも和解し、一夜皆で飲み明かした後、宋江は江州へ向かい、薛永は穆家の世話になることになった。
 
しばらく後、宋江が江州で謀叛の罪をでっち上げられて、牢役人の[[戴宗]]とともに処刑されることとなった。それを聞きつけた李俊、[[穆弘]]らは近隣の船乗りや若衆を引き連れて、宋江を救出するため長江を下り、薛永もこれに付き従った。場に着くと、二人は先に梁山泊の[[晁蓋]]たちに救出されており、薛永たちはこれに合流、梁山泊へ向かうことにした。その前に宋江は自分を陥れた悪徳官吏・黄文炳に制裁したいと言い出した。薛永は以前棒術を教えていた仕立て屋の[[侯建]]が黄文炳の屋敷に出入りしている事を思い出し、侯建を仲間に誘い、彼の手引きで黄文炳への制裁は成功した。
 
梁山泊入山後ははじめ[[陶宗旺]]とともに塞の増設、修繕の監督に当たり、[[呼延灼]]との戦いの後、裏手の塞の守備に移る。戦闘にも度々加わるが取り立てて手柄は立てていない。百八星集結後は歩兵将校の一人となる。官軍との戦いでは水夫に化けて敵に紛れ込み、敵将の一人を生け捕る功を立てる。梁山泊が朝廷に帰順した後の戦いにも参加するが目立った働きの無いまま、[[方臘]]との戦いで、昱嶺関に於いて敵将[[龐万春]]の罠にかかって、矢の雨を浴びせられ[[石秀]]らとともにハリネズミのようになって死亡した。
匿名利用者