「将軍山」の版間の差分

m
cprobot: anotheruse -> otheruses
m (cprobot: anotheruse -> otheruses)
{{anotheruseOtheruses|[[中華人民共和国|中国]]・[[南京市]]にある地域|[[日本]]・[[北海道]]にある[[鉄道駅]]|将軍山駅}}
'''将軍山'''(しょうぐんさん)は、[[南京]]郊外にあり[[中華門]]の南約13キロのところに位置しており、将軍山一帯は丘陵地帯である。この地は[[南宋]]建炎4年(1130年)に[[金 (王朝)|金]]が侵攻し建康(南京)を占領した際に、南宋の武将[[岳飛]]が牛首山一帯に布陣、金の軍勢を翻弄撃破し建康を奪回した地である。その後、この地は将軍山と呼ばれ岳飛に関する史跡が残っており、抗金故塁として1992年3月に南京市文物保護単位に指定されている。現在は公園として整備されており、公園内には金陵第一景と称され南京九寨溝とも呼ばれる池林があり、多数の観光客が将軍山を訪れている。国家AAA級風景名勝区にも指定されている。
 
34,055

回編集