メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''作務衣'''('''さむえ''')は、[[禅宗]]の[[僧侶]]が労働([[作務]])をする時に着る作業着の事である。
 
「作務衣」は本来、作務を行う時に着るもの全般の事いいさし、特定の形のものをさすが決まっているわけではなかった。現在のような形の作務衣があらわれた時期ははっきりしないが、一説には[[昭和]]40年代に[[永平寺]]で用いられたものが最初であるとされ。当初のものは現在よりも上衣の裾長く、[[曹洞宗]]の僧侶が外出時などに着る'''長作務衣'''にその形が残っている。禅宗[[寺院]]では僧侶が掃除や薪割り、畑仕事など寺院を維持するための労働を行う時に着用する。作業着であるため、坐禅や法会の時には着用しない。
 
素材は[[麻]]や[[綿]]のほか、最近では[[ポリエステル]]も多い。[[僧堂]]において'''大衆'''と呼ばれる修行僧は黒色、[[住職]]など一定以上の資格をみとめられた僧侶は藍や茶など黒以外の色を着用する場合が多い。
 
[[日蓮正宗]]の僧侶は似たようなもので「事務衣」(じむころも)も所持している。事務衣は法会や勤行の時以外に着用する。袈裟を通す紐が付けられており、指導会や会議等では事務衣に小袈裟を着用する。色は通常、ねずみ色である。
 
現在では身体を締め付けず、また、着用しやすいため、仏具僧侶固有のものとしてではなく[[甚平]]と共に単なる[[ホームウエア]]の一種として扱われることい。将棋棋士の[[阿部隆]]ら[[文化人]]く、熱心な愛好者愛用してる。[[松本人志]]が[[一人ごっつ]]で着ていたのも作務衣である。
 
{{buddhism stub}}
匿名利用者