メインメニューを開く

差分

宿屋の富

37 バイト除去, 10 年前
m
編集の要約なし
'''宿屋の富(やどやのとみ)'''は[[古典落語]]の演目の一つ。もともとは、『高津の富』という[[上方落語]]で、[[柳家小さん (3代目)|3代目柳家小さん]]が東京に持ち込んだ。そのナンセンスさ故か演者は多く、ざっと挙げるだけでも東京の[[柳家小さん (4代目)|4代目柳家小さん]][[古今亭志ん生 (5代目)|5代目古今亭志ん生]]、志ん生上方息子である[[古今笑福志ん朝松鶴 (6代目)|36代目古今 笑福志ん朝松鶴]]など堂々たる大看板が手がけている。大阪では6代目笑福亭松鶴が得意とした
 
{{ネタバレ}}
[[神田]]馬喰町<ref>現在の中央区日本橋馬喰町</ref>の、とあるはやらない宿屋にやってきた男。
 
入ってくるなり『家には奉公人が千人』と言ったり『あちこちの大名に五・六百万両ぐらいづつ貸している』と言ったり。『漬物に千両箱を十乗せて沢庵石にしている』と言ったかと思えば、挙句の果てには『泥棒が入ったので「好きなだけやる」と言ったのに、千両箱八十くらいしか持っていかなかった』などと好き放題に、物凄い事を物凄い勢いで吹きまくる。
 
ここの主人も人のいいもので、男の話をすっかり信用して、
男は一人になると、「なけなしの一分を取られた」とブツブツ。挙句に「'''のむだけのんで食うだけ食って逃げちゃおう'''」と開き直る。
 
翌日、男は散歩に出ると言っ宿屋を飛び出した。
 
やってきたのは[[湯島天満宮|湯島天神]]。たった今、富の抽選が終わったばかりだ。
「俺の札は…'''【子の千三百六十五番】'''か。三番富は駄目。二番は《辰の二千三百四十一番》…これも違う。一番は《子の千三百六十五》、少し…ん? 子の、三百六十五番…三百六十五…。アハー! タータッタタッタッタッ!!」
 
「『立った』? 座ってるじゃないか
 
ショックで寒気がした『似非金持ち』。そのまま宿へ帰ると、二階で蒲団かぶってブルブル…。
1,155

回編集