「増田盛次」の版間の差分

編集の要約なし
豊臣時代の経歴は不明ながら、諱字から[[豊臣秀次]]に付属されていた時期があると思われる。[[五奉行]]の第三席にあり、[[石田三成]]とともに豊臣家の行政全般を担った長盛の子が次代の行政担当者、宿老見習いとして豊臣家の後継者である秀次に付属させられるのは何ら不思議ではない。
 
1600年の[[関ヶ原の戦い]]で父長盛が西軍に付き、増田家は[[改易]]、長盛は流罪に処されたが、盛次は[[徳川家康]]、次いでその子である尾張の[[徳川義直]]に仕える。1614年の[[大坂冬の陣]]では徳川方として戦功をあげた。
 
しかし突然徳川家を出奔して、[[大坂城]]に入城する。旧知の士の誘いを受けでもしたのであろうか。このことにより父長盛は家康より死を賜ることになる。
 
1615年5月6日[[長宗我部盛親]]隊に属し八尾に進軍。徳川方の[[藤堂高虎]]隊と交戦する。始めは優勢であったが、その後形勢は逆転。長宗我部隊は撤退を余儀なくされる。盛次が[[殿 (軍事用語)|しんがり]]を務めたが、藤堂隊の追撃は激しく、藤堂家臣の[[磯野行尚]]に討ち取られてしまった。
享年不詳。諱字と関ヶ原後すぐに家康に仕えていることから、天正末期から文禄年間には元服していたものと思われ、没年は30代と推測される。
 
3,541

回編集