「原マルティノ」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
[[Image:JapaneseEmbassy.jpg|thumb|240px|左下の人物が原マルティノ]]
'''原 マルティノ'''(はら マルティノ、Martinão, [[永禄]]12年([[1569年]])頃 - [[寛永]]9年[[9月7日 (旧暦)|9月7日]]([[1629年]][[10月23日]]))は、[[安土桃山時代]]から[[江戸時代]]初期の[[キリシタン]]で、[[天正遣欧少年使節]]の副使。[[肥前国]](現在の[[長崎県]][[波佐見町]])出身。[[イエズス会]]員で[[カトリック教会|カトリック]][[司祭]]。'''マルチノ'''、又は'''マルチィノ'''とも言う。使節の少年4人の中では最年少であったが、語学に長けており、ローマからの帰途、[[ゴア州|ゴア]]で[[ラテン語]]の演説を行って有名になる。
 
== 経歴 ==
[[ローマ]]に残された資料から彼は肥前国波佐見の生まれであったと考えられ、大村領の名士、原中務の子。両親共に[[キリスト教]]であった彼は[[司祭]]を志して、有馬の[[セミナリヨ]]に入った。
 
巡察師として日本を訪れた[[アレッサンドロ・ヴァリニャーノ]](ヴァリニャーニ)は、キリシタン大名であった[[大村純忠]]と知り合い、財政難に陥っていた日本の布教事業を立て直すため、また次代を担う邦人司祭育成のため、キリシタン大名の名代となる使節を[[ローマ]]に派遣しようと考えた。
 
そこでヴァリニャーノに白羽の矢をたてられたのが、セミナリヨで学んでいた4人の少年たちであった。その選考基準は容姿端麗で、長旅に耐える健康を備え、語学や勉学においてすぐれていることであった。また正使の2人はあくまでキリシタン大名の名代ということで、彼らとの血縁にあたるものが選ばれているが、副使に関してはそこまで厳密に血縁は問われなかったようである。
 
(彼らのヨーロッパ旅行に関しては[[天正遣欧少年使節]]の項を参考。)
 
[[1590年]]、日本に戻ってきた彼らは翌年、[[聚楽第]]で[[豊臣秀吉]]と謁見した。秀吉は彼らを気に入り、仕官を勧めたが、彼らはみなそれを断った。その後、司祭になる勉強を続けるべく天草にあった修練院に入り、コレジオに進んで勉学を続けた。[[1593年]][[7月25日]]、他の3人と共にイエズス会に入会。
 
[[1601年]]には[[神学]]の高等課程を学ぶため、[[マカオ]]のコレジオに移った(この時点で千々石ミゲルは退会[[1608年]]、伊東マンショ、原マルチノ、中浦ジュリアンはそろって司祭に[[叙階]]された。
 
原マルチノ神父は当時の司祭の必須教養であった[[ラテン語]]にすぐれ、語学の才能があった。彼は宣教活動のかたわら、洋書の翻訳と出版活動にも携わり、信心書『'''イミタチオ・クリスティ'''』(Imitatio Christi, 『キリストにならう』)の日本語訳「'''こんてんむすむんぢ'''」<!--contemus mundi?-->などを出版している。渉外術にすぐれ、[[小西行長]]や[[加藤清正]]とも折衝にあたり、当時の日本人司祭の中ではもっとも知られた存在であった。
匿名利用者