「ADABAS」の版間の差分

編集の要約なし
メリットは、ネストを許すので少ないディスク容量(記憶空間)で済むことなど。
(当時Adabasが稼動したメインフレームはメモリ・ディスクが高価だった。)
デメリットは、SQL作成に比較的時間を要すること。(いわゆるSQLで、他のデータベースと連携するにはテクニックがいる。)
 
デメリットは、SQLが実装されていないこと。
実際、Adabasの開発をする場合Naturalという専用の4GL(第四世代言語)を使う必要がある。(4GLも使えるが、一般的なRDBと捉えてSQLを使用することが出来る。)
 
実際、Adabasの開発をする場合Naturalという専用の4GL(第四世代言語)を使う必要がある。(4GLも使えるが一般的なRDBと捉えてSQL高級言語から専用のAPIを使用すること必要出来る。
 
日本では、[[ビーコンインフォメーションテクノロジー]](ビーコンIT、当時の社名はソフトウェアエージ・オブ・ファー・イースト)が販売していた。
:当初メインフレームで開発され、オープン環境にも移植されたAdabas
;Adabas D
:SAPのR/3用に開発した、純粋なリレーショナルデータベース。Adabas Cと互換性がないかわり、標準的なSQLが利用可能。SAPに売却され、現在はMax DBとなり、フリーDBとなっている。(SoftwareAGのサイトからダウンロード可能。)
:RDBMSであるSUPLAからブランチした。SUPLAは現在でも販売されいる。
:SAPに売却され、R/3用に改修を受けて、SAPDBとしてオープンソース公開されている。
:MySQL社がMaxDBとして販売していたが、2007年11月3日、ビジネスをSAPに戻すことを発表している。
:Adabas Dそのものは現在でもSoftwareAGが販売している。機能限定のパーソナル版をサイトからダウンロード可能。
 
[[Category:データベースソフト]]
匿名利用者