「俘虜記」の版間の差分

m
Bot: Replacing {{Netabare}} -> {{ネタバレ}}
m編集の要約なし
m (Bot: Replacing {{Netabare}} -> {{ネタバレ}})
{{文学}}
{{netabareネタバレ}}
 
'''俘虜記'''(ふりょき)は[[作家]][[大岡昇平]]が1948年に発表した連作小説。あとがきにて「俘虜収容所の事実を藉りて、占領下の社会を諷刺するのが、意図であった。5年にわたって書き継いだ為、その間情勢と私の考えに変化があり、一本調子ではない」と氏は語った。内容は大まかに分けると二つで、前半が俘虜になる前、後半が俘虜となった後の生活を描いたもの。成城高校時代のかつての[[家庭教師]]、[[小林秀雄 (批評家)|小林秀雄]]に「何でもいいから書きなせえ、書きなせえ。あんたの魂の事を書くんだよ。描写するんじゃねぇぞ。」と、勧められて書き始めた作品。米兵について言及した箇所があるため、敗戦一年後ではすぐに発表する事が躊躇われ、1948年に『捉まるまで』の章を発表した。<br>
126,682

回編集