「骨法 (格闘技)」の版間の差分

編集の要約なし
'''骨法'''('''こっぽう''')とは、[[当身技]]を主体とする徒手武術のこととされる。ただし、隠し武器術である「骨法」(「強法」とも呼ばれる)や[[柔術]]の一部ではない、「骨法」という名称の独立した徒手格闘術が、[[日本武術]]の中に存在していたと主張する、いまだ見解が分かれてい[[堀辺正史]]の系統のみである。
 
== 伝承について ==
[[堀辺正史]]の系統以外の骨法の流派([[玉虎流]]、[[虎倒流]]、[[古代骨法体術源流天心流]]など)は、[[中国武術]]が起源であるとしており、骨法が柔術等の日本の伝統徒手武術の異称のひとつであることも否定していない。尚、中国で、「骨法」という名の武術は確認されていないが、和名である可能性が高い為、基となった武技が「骨法」である可能性は低い。
 
日本固有説を唱える[[堀辺正史]](後述)は、著書『喧嘩芸骨法』の中で、「骨法が[[唐]]の[[僧]]・[[鑑真]]から学んだ[[中国武術|中国拳法]]であるという説は、[[藤原仲麻呂]]によってでっち上げられた」としている。また、堀辺家には藤原仲麻呂と[[志賀清林]]を同一人物と伝える口伝があったとしている(ただし、この口伝については、堀辺自身が著書で「この二人が同一人物であったとは考えられない」と記している)。
 
=== 日本固有説 ===
その後、[[源義光]]([[源義家]]の弟)が衰退していた骨法を復興し、彼の子孫に[[一子相伝]]で継承され、現在に至るものとしている(堀辺家は[[源義光]]の末裔と称する)。骨法のうち、堀辺家伝のものは司家骨法と称したとする。
 
ただし、この伝承は、[[神道天心流]]の上野貴(当身技主体の武術を「骨法」と称していた)の上野家伝の武術の開祖を大伴古麻呂とする伝承と、[[大東流]]の源義光の伝承(堀辺は一時期、大東流の[[佐川幸義]]の弟子だった。尚、大東流は技法が極めて複雑である事や、武術史的観点から、非常に新しい流派である)を折衷した印象がある。
大伴古麻呂は「[[徹し]]」([[とおし]])とよばれる秘技を用いたという。これは古麻呂以後失伝しており、[[堀辺正史]]が現代に甦らせたという。
 
大伴古麻呂は「[[徹し]]」([[とおし]])とよばれる秘技を用いたという。これは中国拳法の浸透勁に似たものとされるが、古麻呂以後失伝しており、[[堀辺正史]]が現代に甦らせたという([[柔法徹化拳]]や[[空手]]にも同じような技術が存在する)
[[藤原宗忠]]の日記である『[[中右記]]』に「相撲が強いと言われているが、もっと骨法を身に付けなければ・・・」との意味の文章で[[源義家]]の家臣[[大宅光房]]に対する批評を書いている。
 
[[藤原宗忠]]の日記である『[[中右記]]』に「相撲が強いと言われているが、もっと骨法を身に付けなければ・・・」との意味の文章で[[源義家]]の家臣[[大宅光房]]に対する批評を書いているが、これは「強いと言われているが、もっと基本を身に付けなければ・・・」という意味で、骨法という武術の存在を証明するものではない
 
==骨法と称する他流派==
匿名利用者