「BD-J」の版間の差分

m
編集の要約なし
(en:BD-J(2007年12月3日 3:39:20(UTC))の翻訳)
 
m編集の要約なし
'''BD-J'''('''Blu-ray Disc Java''')とは、[[Blu-ray Disc]] ([[BDMV|BDビデオ]])における対話型のコンテンツのための基盤である。BD-J を使った Blu-ray Disc での特典コンテンツは [[DVD-Video]] におけるものよりずっと洗練されており、ネットワークアクセスをしたり(最新の[[予告編]]をダウンロードしたり、撮影現場の映像を見せたり)、ピクチャインピクチャ機能やローカルな[[ストレージ]]にアクセスしたりできる。BD-J は Blu-ray Disc Association が開発した。ビデオコンテンツをサポートする Blu-ray Disc プレーヤーは BD-J をサポートすることが義務付けられている。ただし、初期のプレーヤーには[[インターネット]]アクセスやストレージアクセス、ピクチャインピクチャといった機能はサポートされていなかった。(インターネットアクセスを除いた)これらの機能を "Bonus View" と呼び、インターネットアクセスを含めたものを "BD Live" と呼ぶ。2007年10月31日以降、新規に発売されるプレーヤーには "Bonus View" の搭載が義務付けられているが、機種によっては[[ファームウェア]]の更新が必要なものもある<ref name="BonusView">{{cite web |url=http://www.videobusiness.com/article/CA6495668.html |title=Blu-ray Disc Assn. promotes new Bonus View}}</ref>。"BD Live" は現在もオプション機能である。
 
== 技術 ==