「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の版間の差分

綴りの修正
編集の要約なし
(綴りの修正)
 
==特徴==
[[レイ・ハリーハウゼン|ハリーハウゼン]]の流れを汲む従来の伝統的[[ストップモーション・アニメーション]]技法に加え、最新のデジタル映像技法を取り入れ制作された本作は興行的にも成功を収めた。ファンタジー色とホラーティックな世界観がよくマッチングした異色の作風は、ティム・バートンらしい個性のあるキャラクターとともに、この映画の大きな魅力となっており、現在も根強いファンを獲得している。ジャック、サリーを始めとしたキャラクターの生き生きした動きは、ヘンリー・セリック監督の次作「[[ジャイアント・ピーチ]]」や[[2005年]]公開「[[ティム・バートンのコープスブライド]]」へと繋がる職人技に裏打ちされたアニメーション映画の真骨頂と言える見所であり、さながら人形とは思えないリアルな存在感が観客をナイトメアー (悪夢) の不思議な世界へと引き入れる。[[2006年]]にはデジタル3D化されたバージョンが製作、劇場公開されている。
 
[[千葉県]][[浦安市]]にある[[東京ディズニーランド]]のアトラクションの一つである「ホーンテッドマンション」では、ハロウィンから年明けまで期間限定でこの映画を元にした『ホーンテッドマンション ホリデーナイトメア』という別バージョンになり、ジャックなどの出演キャラクターが登場する。
==あらすじ==
{{ネタバレ}}
『ハロウィン・タウン』の住人たちは怖いことや、人を驚かせることが大好き。その日は丁度『[[ハロウィン]]』当日、住人たちは大盛り上がり。だが、『ハロウィン・タウン』のパンプキン・キング、'''ジャック・スケリントン'''は、毎年毎年同じことの繰り返しでしかない『ハロウィン』に虚しさを感じていた。
 
そんな時、ジャックは森の奥で不思議な扉の付いた木を見つける。その一つを開いてみると、恐怖と悪夢に満ちた『ハロウィン・タウン』とは全く違う、陽気で明るい『クリスマス・タウン』の別世界が広がっていた。はじめて見る美しい雪景色の中、色あざやかな電飾で飾られた街全体が祝う『クリスマス』に心を奪われたジャックは、自分たちの力で『クリスマス』を作り出そうと計画を立てる。
 
そんな中、ジャックに密かに想いを寄せるサリーは、なにか悪いことが起きるのではないかという予感にとらわれていた。
サリーの心配を他所に、『クリスマス』の準備は着々と進んでいく。だが、ジャックも住人たちも本当の『クリスマス』というものが理解出来ずに、事態はどんどんおかしな方向へと転がって行く…。
 
==作品に登場する休日==
*[[ハロウィン]]
*[[クリスマス]]
*[[イースター]] (復活祭)
*[[バレンタインデー]]
*[[セント・パトリック・デー]]
 
==登場キャラクター==
;ジャック・スケリントン (Jack Skellington)
:恐怖と悪夢をつかさどり、“カボチャの王”の異名を持つ骸骨男。しかしその恐怖の外見とは裏腹に心はとても優しく、明るい性格で紳士。ハロウィンタウンの人気者。[[ハロウィン]]の日には人間界を訪れ多くの人を驚かせている。しかし季節がハロウィンしかないタウンの、余りに変化が無い状況を憂いて[[クリスマス]]行事を計画、実行に移す……が、人間界では様々な「ブキミで怖いクリスマスプレゼント」が届けられるという事態が発生して大混乱になった (本人にその自覚は無い)
;サリー (Sally)
:ジャック・スケリントンのガールフレンド。フィンケルスタイン博士が作った、ぎだらけの[[人形]]。クリスマス計画に暴走するジャックを心配する心優しさを持つが、その一方で自分を束縛する生みの親のフィンケルスタイン博士をどうにかしようと「[[イヌホオズキ]]」の毒を[[スープ]]に混ぜ、一服盛ったりする。体がたびたび度々バラバラになるが、利き手の右腕以外なら自力で修復可能。
 
;フィンケルスタイン博士 (Dr. Finklestein)
:ハロウィン・タウンに住む偏屈で体が不自由な[[マッドサイエンティスト]]で、サリーの生みの親 (制作者) 。死体を継ぎ合わせてサリーを作り出したが、[[家政婦]]のように考えており、いつも自分の世話をするよう強制することから、あまりサリーとの折り合いは良くない。時々自由を夢見るサリーに一服盛られかけ、彼女を閉じ込めるなどして喧嘩が絶えない。とても頑固。頭蓋を開閉することでき出来、たまに自分の脳みそをいじっている。最後は、サリーの代わりとなる新たな人形を作り、自分の脳の半分を移しこんだ。この新たな人形は博士そっくりの容姿をした女性の人形で、作品の最後に博士の[[車椅子]]を押している。
 
;町長 (Mayor)
:温厚でお人しの町長。頭部の表側には笑顔が、裏側には泣き顔があり、気分で入れ替わる。町の役人は彼しかいないため、ジャック無しでは何も決められない。
 
;ロック (Lock)
:子鬼3人組のリーダー格。後先を考えない性格。[[悪魔]]のマスクをかぶっている。
;ショック (Shock)
:子鬼3人組唯一の女の子。悪知恵がはたらく。[[魔女]]。
;バレル (Barrel)
:子鬼3人組の一人。これといって得意なことがなく、損な役回りが多い。[[食屍鬼]]。
 
;ブギー (Oogie Boogie)
:ハロウィンタウンの無法者。[[イカサマ]]が得意な[[ギャンブラー]]で、街のみんなに嫌われている。身体の表面はズダ袋で内部は数万匹規模の[[虫]]で構成されている。
 
;サンディ・クローズ (Sandy Claws) ([[サンタクロース]])
:夢とプレゼントを子供たちに届ける、全世界の人気者。ジャックに「砂の爪」という意味の「サンディ・クローズ」と名前を勘違いされている。
 
;ゼロ (Zero)
:宙を自由に飛び回る幽霊犬。ジャックの行く先々についてまわる。かぼちゃのちょうちんの鼻が明かりの役割をはたす。
 
 
===声の出演===
*ジャック・スケリントン - [[クリス・サランドン]] (歌:[[ダニー・エルフマン]])
*サリー - [[キャサリン・オハラ]]
*フィンケルスタイン博士 - [[ウィリアム・ヒッキー]]
*バレル - ダニー・エルフマン
*ブギー - [[ケン・ペイジ]]
*サンディ・クローズ (サンタクロース) - [[エド・アイヴォリー]]
 
====日本語吹き替え版====
*バレル - [[松澤重雄]]
*ブギー - [[小林アトム]]
*サンディ・クローズ (サンタクロース) - [[永江智明]]
 
==コンピュータゲーム==
*『ティム・バートン ナイトメアー ビフォア クリスマス ブギーの逆襲』 ([[2004年]][[10月21日]]発売・[[プレイステーション2]]用ソフト・[[カプコン]])
**本映画から1年後の話。
*『ティム・バートン ナイトメアー ビフォア クリスマス パンプキンキング』 ([[2005年]][[9月8日]]発売・[[ゲームボーイアドバンス]]用ソフト・[[D3パブリッシャー]])
**ジャックの初めてのハロウィン・キングお披露目前夜の話。
 
==関連項目==
*コンピュータゲーム『キングダムハーツ』シリーズ - ゲーム中に本作の舞台や登場人物たちが登場。
**[[キングダムハーツ]]
**[[キングダムハーツ チェインオブメモリーズ]]
 
==外部リンク==
*[http://www.movies.co.jp/nightmare_ce/ ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション](DVD (DVD紹介)
*[http://www.capcom.co.jp/halloween/ ティム・バートン ナイトメアー ビフォア クリスマス ブギーの逆襲]
*[http://www.d3p.co.jp/disneygames/nightmare/ ティム・バートン ナイトメアー ビフォア クリスマス パンプキンキング]
匿名利用者