「私のパパはマフィアの首領」の版間の差分

編集の要約なし
m
== 物語 ==
暗黒街をリードしてきた「めかし屋ディノ」ことディノ・カスピコが出所。彼の不在の間に、ボスの座が他の組織に移ったことを知ったディノは、命の危険を冒しながら復権を狙い暗躍を始める。しかし彼には悩みの種がひとつだけ。それは、不良娘のクッキーの存在であった。権力の奪還、娘との関係改善。2つの実現に向け、ディノは奔走する。
 
 
== 概要 ==
『[[刑事コロンボ]]』、『[[ラジオタウンで恋をして]]』のピーター・フォークが、家族の絆と暗黒街での自身の座を取り戻そうと奮闘するマフィアのドンを好演。渋味溢れる存在感をみせたほか、『少女リンダ、あなたがいたから』でヒロインを演じたエミリー・ロイドが娘役で登場、フォークと息のあった名演を見せ好印象を残す。[[ニューヨーク]]を舞台に、スリリングなマフィアの抗争をスタイリッシュに演出した一方で、コミカルなシーンもテンポ良くストーリーに組まれていた。テーマ曲は『I SHOULD BE SO LUCKY』。
 
 
== キャスト ==
匿名利用者