「モーリス・ホワイト」の版間の差分

m (robot Adding: fr:Maurice White)
 
== 経歴 ==
1941年、メンフィスにて生まれ、1943年にドラムを始める。1960年代期はめに[[シカゴ]]に越し、後に[[チェス・レコード]]の専属ドラマー]]してなる。1966年にピアニストの[[ラムゼイ・ルイス]]のバック・ミュージシャドに加入する。この頃よりライヴで[[カリンバ]]を演奏して活躍いる
 
1969年に[[シカゴ]]にてモーリスはラムゼイの下を離れ、自身のグループ、『ソルティ・ペパーズ』を結成し、これがアース・ウィンド・アンド・ファイアーの前身となる。[[キャピトル・レコード]]からシングルを残している70年にはグループ名をこれがアース・ウィンド・アンド・ファイアー(以EWF)の前身変えて[[ワなる。1970年にモナー・ブラザーズ・レコード|ワーナー]]と契約した。名前の由来リスは[[占星術]]によるとモーリスは土、風、火の要素があるからと言う事からと、[[宇宙論]]を結びつけ、''Earth, Wind & Fire''(土と風と火)とづけた。1973年に''Head To The Sky''また拠点を[[ムビアサンジェルス]]に変え、[[ワーナー・ブラザーズ・レコード|ワーナー]]からリリースと契約、ゴールド・ディスクを獲得する1970年代後期には兄弟の[[エモヴァショダイン・ホワイト|ヴァーダイ]]に[[フレッド・ホワイト|フレッド]]を含めた10人プロデュ大所帯バンドとなる。2作リリース、バするがヒラックに全面参加はせず
 
EWFはモーリ1972年に活動拠点を[[ロサンジェル]]に変え、[[コロムビアホワイトとレコード]]に移籍、[[フィリップ・ベイリー]]が加入。フィリップとモーリスのツインヴォーカル、重厚なホーン・セクションが特徴となる。コロムビアには以後1990年まあったが、1980在籍する。1975代半ばには''That's the Way of the World''『[[暗黒への挑戦]]』を同名大きな売りであったホー映画の[[サウトラッションを捨]]とし、打込みによリリースす電子音中心のバンド形式を取った低迷し現在映画再び原点回帰ヒットせず。この映画にはモーリスも出演している。
 
1976年に自己プロダクション、カリンバ・エンタテインメントを設立。"Boogie Wonderland"に参加している[[エモーションズ]]や[[デニース・ウィリアムス]]、ラムゼイ・ルイス等をプロデュースしている。1978年にはCBS/コロムビアの元、[[ARCレコード]]を設立。
1987年にファースト・ソロ・アルバムをセルフ・タイトル''Maurice White''で発表、"I Need You"がヒットチューンとなる。
 
1983年に発表した''Electric Universe''より、その大きな売りであったホーン・セクションを捨て、打込みによる電子音が特徴となる。このアルバムをリリース後、活動を一時停止、各メンバーはそれぞれソロ活動に移る。モーリスは1985年に、2007年現在唯一のソロ・アルバムとなる、''Maurice White''を発表、"I Need You"がヒットチューンとなる。
1995年にはラムゼイ・ルイス等のグループ[[アーバン・ナイツ]]の立ち上げにプロデューサーとして関与している。
 
EWF1987年に"Touch the World"をリリースし、活動を再開。1990年代に入ると、プロデューサー業に専念するようになるが、1994年の全米ツアーに参加せず。この頃よりモーリス[[パーキンソン病]]に罹ったため、現在1995年にライヴ活動をリタイア、以来のEWFの活動はフィリップが中心メンバーとなっている。幾度となく来日公演を行っているが、2004年に行われ来日公演がモーリス込みで最後の公演とも噂される。[[コンコードは同年にラムゼイレコード]]により復活を果たした[[ルイタックス・レコ等のグルド]]より、EWFの[[トリビュバンアルバムナイツ]]''Interpetations''を2007年の立ち上げリリース。モーリスは[[エグゼクティヴ・プロデューサー]]としてこのプロジェクトに参加関与している
 
2004年にモーリスと共にEWFは来日公演したが、これがモーリス込みで最後の公演とも噂される。2007年には[[スタックス・レコード]]([[コンコード・レコード]]により復活)より、EWFの[[トリビュート・アルバム]]''Interpetations''をリリース。モーリスは[[エグゼクティヴ・プロデューサー]]としてこのプロジェクトに参加。
 
== 外部リンク ==
7,375

回編集