メインメニューを開く

差分

m
 
=== 生涯 ===
祖父の代からの[[水戸藩]]士の家に生まれる。[[寛文]]5年([[1665年]])[[江戸]]にて[[朱舜水]]の門下となり[[儒学]]を学ぶ。[[水戸]]に帰ってから[[天和]]3年([[1683年]])[[彰考館]]編修となり、藩主[[徳川光圀]]の命により『[[大日本史]]』の編纂を行う。[[元禄]]6年([[1693年]])彰考館総裁となる。[[正徳]]4年 [[1714年]]彰考館総裁を辞任するが、その後も死の直前まで大日本史の執筆、校訂を続けた。
 
水戸藩士としての石高は300石。[[享保]]18年([[1733年]])に致仕した。
78

回編集