「水谷大輔」の版間の差分

m
ロボットによる: 文字置き換え (-日本テレビ +日本テレビ, -フジテレビ +フジテレビ, -笑っていいとも! +[[森田一義アワー 笑っていいと
m (ロボットによる: 文字置き換え (-日本テレビ +日本テレビ, -フジテレビ +フジテレビ, -笑っていいとも! +[[森田一義アワー 笑っていいと)
 
== プロフィール ==
[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]「[[スター誕生!]]」で合格、35回決戦大会グランプリ受賞。[[1981年]][[6月21日]]「星屑海岸」で歌手デビュー。[[1982年]]までに[[CBS]]ソニーより[[シングル]]レコードを2作リリース。[[フォークギター]]を持ち[[湘南]]サウンドをイメージした曲。
 
'''エピソード''': スター誕生に応募したのは本人ではなく、その母親であると言われている。高校3年の[[1980年]]、[[岸田智史]]の「きみの朝」を歌い予選に臨む。[[信越放送]]にて一次審査・二次審査を通過。本選・決戦大会は共に会場は[[後楽園ホール]]。本選での点数は408点と同番組が始まって以来の最高得点を得た。初代採点方式時代では歴代1位の記録となる。(翌年採点方式の変更があり、審査員点数のみでは[[中森明菜]]が歴代1位。この時のゲストが水谷大輔だった)
 
 
1990年頃に[[芸能界]]を引退したと伝えられているが事務所が事業拡大に失敗、倒産。所属していた[[タレント]]は散々になってしまった。その後を知る者がなく詳しい事は分かっていない。[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]「[[スター誕生!]]」も番組終了以降、彼の履歴は残っておらず「不明」となっている。
 
当時「ボンド企画」に所属していた主なタレント(芸能部とモデル部があった)
13,295

回編集