「ミカエル1世コムネノス・ドゥーカス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ミカエル1世コムネノス・ドゥーカス'''(Μιχαήλ('''Μιχαήλ Άγγελος Κομνηνός Δούκας ''', Michael Angelos Komnenos Doukas, ?-[[1215年]])は、[[エピロス専制侯国]]の初代[[専制公]](在位:[[1204年]] - 1215年)尊厳公(セバストクラトル)・[[ヨハネス・アンゲロス・ドゥーカス]]の庶子。父ヨハネスは[[東ローマ帝国]][[皇帝]][[イサキオス2世アンゲロス|イサキオス2世]]の従兄弟・[[ヨハネアレクシオ3世アンゲロス・ドゥーカ|アレクシオ3世]]の庶子に当た父アンドロニコス・アンゲロスの兄弟であり、従ってミカエルは両帝の従兄弟という親族関係とな(在位:[[1204年]] - 1215年)
 
1204年、第4回十字軍の攻撃を受けて東ローマ帝国が滅びると、ミカエル1世は一時、[[テッサロニキ王国]]の[[ボニファチオ (モンフェラート侯)|ボニファチオ]]に仕えた。翌年、[[ギリシャ]]西岸にあるアルタを本拠地として独立国・エピロス専制侯国を建国した。ミカエルの[[専制公]]称号は彼が独自に名乗ったものであり、それまでの専制公のように皇帝から与えられたものではなかった。
 
その後は[[ラテン帝国]]から[[コンスタンティノポリス]]奪還を目指して、[[ギリシャ人]]のラテン帝国への抵抗を指導した。ミカエル1世はラテン帝国との戦いを優勢のうちに進め、1215年には[[コリントス]]湾から[[アルバニア]]に至る西北ギリシアを支配し、バルカン半島に一大勢力を築き上げたのである。しかし同年、ミカエル1世は暗殺されてしまった。
匿名利用者