「地崎工業」の版間の差分

m
m
前身の地崎組は富山県から単身渡道した[[地崎宇三郎]]により[[1891年]]に創業。従業員数名の土工部屋からの出発であったが、[[1910年]]に鉄道指名業者となってからは戦前~戦中の道内主要工事の多くを受注し、北海道を代表する企業として「道内土建業の雄」とも呼ばれた。[[1936年]]、初代の死去にともない二代目地崎宇三郎が社長就任。後に政界進出も果たし、戦後の東京進出に備えて中央政財界に太いパイプを築いた。三代目地崎宇三郎は選挙地盤を継いで後に[[運輸大臣]]([[第2次大平内閣]])も務めた。
 
[[1973年]]、株式会社地崎工業に商号を変更し本社を東京に移転。折りしもの好景気にのって全国の大規模建設工事に参加し、海外にも進出を果たした。最盛期の[[1996年]]には売上高1534億円余りを計上、中堅ゼネコンとして確固たる地位を築いたかに見えたが、翌[[1997]]に長らく主力取引銀行だった[[北海道拓殖銀行]]が経営破たん。関連会社の不動産事業も多額の負債を抱え、[[バブル]]景気の崩壊と運命を共にすることとなった。拓銀破たん時、地崎工業本体の債権は600億円余りにのぼり、拓銀から引き継いだ[[北洋銀行]]など9機関が半分以上の債権放棄に応じたものの、業績はじり貧を続けた。この時に地崎オーナー家は会社経営から身を引いている。
 
その後は「本業回帰」を標榜して着実に受注高を回復させていったが、[[2000年代]]に入ってからも公共工事の赤字受注や、談合事件で逮捕者を出すなどの不祥事から業績不振が続き、[[債務超過]]に陥った[[2004年]]、[[岩田建設]]の支援を受けて経営統合。共に持株会社「ICホールディングス」の100%子会社となる。その後も経営再建に注力したが、公共事業縮小により業績好転は望めず、当初の予定を前倒しして[[2007年]][[4月1日]]付で岩田建設を存続会社として吸収合併され、「[[岩田地崎建設]]株式会社」となった。
6,768

回編集