「三刀屋久扶」の版間の差分

編集の要約なし
'''三刀屋 久扶''' (みとや  ひさすけ、生年不詳-[[天正]]19年([[1591年]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将。[[尼子氏]]家臣。尼子家中での地位は惣侍衆。禄は三刀屋本領6785石。[[三刀屋頼扶]]の子。[[尼子十旗]]のひとつ、[[三刀屋城]]城主。別名は新四郎・久祐。子には[[三刀屋孝扶]]。
 
== 生涯経歴 ==
[[三刀屋氏]]の本姓は[[諏訪部氏]]と伝わっており、清和源氏満快流信濃源氏の一族とされている。初代[[諏訪部幸扶]]の子孫が[[出雲国]]飯石郡三刀屋郷にて地頭を務め、そこから「三刀屋」を名乗ったのが三刀屋氏の始まりとされている。
 
三刀屋氏は出雲に入ると、[[塩冶氏]]、[[山名氏]]、[[京極氏]]と従い、[[応仁の乱]]では出雲国守護・[[京極持清]]に従っている。
 
[[享禄]]元年([[1528年]])、父である頼扶より家督を継承。
 
[[天文 (日本)|天文]]9年([[1540年]])、主君[[尼子晴久]]に従って毛利元就の拠る[[吉田郡山城の戦い]]に参加。篭城する毛利軍に対し尼子軍は長期戦を展開、久扶は土取場の合戦に活躍します。翌年に[[陶晴賢]]率いる[[大内氏]]の援兵に敗れた晴久は出雲へと撤退する。
 
この大敗北に三刀屋氏は[[宍道氏]]・[[三沢氏]]等と共に[[大内氏]]側に寝返る。天文12年([[1543年]])、[[大内義隆]]は[[月山富田城]]を攻めるも落とすことは出来ず、これにより多くの出雲国人衆も再び尼子氏へと帰参。これに久扶も帰参している。この後に晴久は反撃に転じ、大内義隆は敗走、養子[[大内晴持]]が事故死するなどの人的損害を被り山口へと敗走した。
 
その後、晴久は出雲国内の家臣統制に力注ぎ、家臣達に遍諱を与えている。[[弘治 (日本)|弘治]]3年([[1557年]])、久扶は遍諱を受けており、これが「久」の字に繋がっている。
 
[[永禄]]元年([[1558年]])、[[毛利氏]]が石見[[小笠原氏]]を攻撃、晴久は自ら出陣し、久扶も参加。忍原にて毛利氏に大勝する([[忍原崩れ]])。永禄3年([[1560年]])、晴久が突如として急死。これに嫡男[[尼子義久]]が尼子氏当主を急遽継承する。しかし、晴久の急死に動揺する家臣は多く、多くの家臣は義久率いる尼子氏に不安を募らせていた。
 
永禄5年([[1562年]])、石見銀山の要衝である[[山吹城]]にて籠城する[[本城常光]]が毛利氏に服属、久扶はこれに[[三沢為清]]・[[赤穴盛清]]等の将と共に寝返る。久扶が居城とする[[三刀屋城]]は、毛利氏にとって重要な兵站基地であり、尼子氏家臣、[[立原久綱]]が攻撃に出向くも、永禄6年([[1563年]])には地王峠にて立原久綱を敗走させている。後に[[白鹿城]]攻め・第二次月山富田城攻めに参加、[[三沢為清]]・[[米原綱寛]]らとともに[[小早川隆景]]の傘下に入り、菅谷口の攻めの先鋒となっている。
 
永禄9年([[1566年]])、ついに月山富田城にて尼子氏は降伏、滅亡する。
永禄12年([[1569年]])、[[山中幸盛]]率いる[[新宮党]]遺児、[[尼子勝久]]が忠山城にて尼子再興軍が挙兵、これに毛利氏に対して不満を持っていた尼子旧臣は続々と参加。久扶はこの勝久の挙兵に参加しようとしたものの、他家臣団からかつての行動から拒絶され、毛利側に参加している。しかし、この後に[[布部山の戦い]]にて再興軍は敗走、これに勝久は逃亡する。天正2年([[1574年]])に尼子再興軍は因幡にて活動を開始。久扶は毛利氏武将[[吉川元春]]と共に[[私部城]]で交戦している。久扶は同時期に[[毛利輝元]]への起誓文を提出し忠誠を誓っていはいるものの、軍役を拒否することもあり、かなり独立した権限を持っていたようである。再興軍は因幡から[[織田信長]]家臣[[羽柴秀吉]]の配下となる。天正6年([[1578年]])、[[上月城の戦い]]が起き、久扶は参加している。再興軍は秀吉の転進により孤立し、上月城は開城。尼子勝久は切腹し、尼子再興の夢は途絶えた。
 
天正14年([[1586年]])、毛利氏に従って[[小倉城の戦い]]に参加。[[肥後国]]にて国一揆を鎮圧するため、子である孝扶と共に出陣している。天正16年([[1588年]])、[[毛利輝元]]・[[吉川広家]]・[[小早川隆景]]が上洛した際、久扶も同行し[[徳川家康]]と面会していると言われている。この家康との面会を主君輝元から嫌疑をかけられ、ついに本領を没収、追放されている。
 
その後、京に上りの四日市村にて死去した。
匿名利用者