「交渉人 (小説)」の版間の差分

:警部補。見た目50代後半。品川署の刑事課に勤めている。事件の際、現場に派遣される。土井田ら現場の刑事の直属の上司で、石田や遠野の話し相手となる。遠野や石田との会話時に読者にネゴシエーターの特徴を説明も含ませている。
'''土井田'''
:巡査部長。品川署の刑事課に勤めている。安藤と同様の部下。事件の際、遠野と意見の違いで衝突する。
'''金森'''
:参事官。本庁に勤めている。現場での経験が少なく石田の交渉法に不信感をあらわにすることもある。石田と犬猿の仲まではいかないが、馬があわない。
匿名利用者