メインメニューを開く

差分

宿屋の富

126 バイト追加, 10 年前
木箱の中央に穴が開いており、そこから錐を突き刺して番号の書かれた札を選び出す事で抽選を行っていた。
<br>妙な小細工を出来ないようにするため、抽選には邪気のない子供を使うことが多かったそうだ。
<br>[[桂米朝 (3代目)|桂米朝]]によれば、一番富は江戸では最後に突くが、大阪では最初に突いたという<ref>「大川町」『米朝ばなし 上方落語地図』(講談社文庫 1984年初版 ISBN 4-06-183365-0)</ref>
 
最高額はあらすじにもあるとおり千両。反対に、最低額は一朱(1/16両)だった。
匿名利用者