「海陽町」の版間の差分

国宝指定
(リンク削除)
(国宝指定)
=== 中世海部氏 ===
史料に見える'''中世海部氏'''について。
*'''海部但馬守'''は1352(正平7)年に[[細川顕氏]](あきうじ)によって、[[山城国]]久世荘の乱暴人を排除するよう命じられた('''平成9年国宝指定「東寺百合文書'''による)。
*1392(明徳3)年、[[京都五山]]の一つ、[[相国寺]]の落慶供養に、[[管領]]'''細川頼元'''に随従して、月毛の馬に乗って'''海部三郎経清'''が出てくる(「'''相国寺供養記'''」による)
*1420(応永27)年、阿波[[守護]]'''細川義之'''の若党「'''カイフト云者'''」が登場する(「[[満済]]准后日記」)等々  (以上平成7年版『海南町史』)。
匿名利用者