「ダブ・プレート」の版間の差分

編集の要約なし
m (robot Adding: ru:Дабплейт)
'''ダブ・プレート'''('''Dubplate''')は本来、直径12インチ、または10インチ、7インチの[[アセテート盤]]である。この名称は主に[[レゲエ]]の[[サウンド・システム]]にて作られた言葉だが、[[ドラムンベース]]やその他のダンスミュージックのDJやサウンド・システムにおいても使用される。単にダブ、またはスペシャルと呼ばれることもある。
 
これらダブ・プレートは、通常はサウンド・システムのために作られた、一般にリリースされない録音、入手できないバージョン、あるいは既存の録音のリミックスである(最終的には一般に流通することもある)。生産一般に発売されるビニール盤よりもはるかに安価で作ることが可能なため、リリースする前の市場の評価を調査するため目的等に使用される。しかしアセテート盤は寿命が限られていて、再生回数50回ほど使用するまでしか良好な音質を保つことができる。ないため、通常のレコードと同じようにビニール盤で作られるダブ・プレートは、特にリリースする予定がない録音に適していこともある。
 
レゲエのサウンド・システムは、しばしば[[サウンド・システム#サウンド・クラッシュ|サウンド・クラッシュ]]と呼ばれるショーにおいて、互いに音で競い合う。このため、ライバルに勝つために、サウンド・システムは本来市場調査やプロモーション目的で使われていたダブプレートを「武器」として使用するようになった。自らのサウンド・システムでしか掛けることの出来ないより新しく、より珍しいダブ・プレートを録音するのである。このようなダブ・プレートを特に90年代以降は「スペシャル」と言うようになった。大抵はヒットした曲の替え歌を本人(もしくは他のアーティスト(もしくは本人)に依頼して録音したもので、自分のサウンド・システムを賞賛したり、相手側のサウンド・システムの弱点が歌われたりする。日本のサウンド・システム・シーンにおいては「仕込み」とも呼ばれている。
 
現在のダブ・プレートは、アセテート盤でわざわざ作るよりも、ビニール盤で少量生産するか、またはCD-ROMRなどで録音されることの方が多いが、ダブ・プレートと言う名前は残っている。特に人気のあるサウンド・システムのダブ・プレートは、編集されてリリースされることもある。
 
==外部リンク==
匿名利用者