「准后」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''准后'''(じゅごう)とは、[[太皇太后]]、[[皇太后]]、[[皇后]]の[[三后]]に准じた貴の[[称号]]。宣下されると臣下でありながら皇族あつかいとなる。'''准三后'''(じゅさんごう)、'''准三宮'''(じゅさんぐう)ともいう。
 
==准后とは==
貴族・武士の妻に対しては准后は藤原道長の[[室]]・[[源倫子]]や、[[太政大臣]][[平清盛]]の室[[平時子]]が初例であり、僧に対しては、鎌倉時代に[[関白]][[九条道家]]の子である仁和寺[[法助]]に与えられて開田准后と称されたのが初例となる。いつごろまで経済的優遇が実体を伴っていたかは不明であるが以後、時代が下るにつれ、次第に経済的優遇としての准后から身分上の優遇を目的とした称号へと転化することとなった。
 
[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]に入ると、[[北畠親房]]にも与えられたのに伴い、天皇の外戚以外の臣下にも准后が宣下される道が開かれるようになった。[[室町幕府]]3代[[征夷大将軍|将軍]][[足利義満]]が臣下の資格で明との勘合貿易を目論んだ際は、[[]]であるとし拒否されたため、准三宮宣下を受けて日本国准后の外交称号で遣明使を派遣、[[日本国王]]の[[封号]]と朝貢貿易の許しを得て巨万の富を得るなど政治的に利用されるようになった。これが慣例となり、[[足利義満]]以降、15代将軍[[足利義昭]]に至るまで[[足利将軍家]]に准后が宣下されるなど、武士にも准后が許されるようになった。また「黒衣の宰相」と呼ばれ[[足利義持]]政権下で政治顧問を務めた[[醍醐寺]][[三宝院]][[満済]]も准后となっている。
 
==関連項目==
匿名利用者