「天璋院」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses||NHKのテレビドラマ|篤姫 (NHK大河ドラマ)|宮尾登美子の小説|天璋院篤姫 (小説)}}
 
'''天璋院'''(てんしょういん・島津篤子→近衛敬子、[[天保]]6年[[12月19日 (旧暦)|12月19日]]([[1836年]][[2月5日]]) - [[明治]]16年([[1883年]])[[11月20日]])篤姫(あつひめ)は、[[江戸時代]]後期から[[明治]]の女性で、[[近衛家]]の娘として[[徳川家]]に嫁ぎ江戸幕府13代将軍[[徳川家定]][[御台所]]([[正室]]、[[継室]])である。実父は、[[薩摩国]]([[鹿児島県]])藩主[[島津氏|島津家]]の一門・[[今和泉家|今和泉]]領主[[島津忠剛]]。幼名、一(かつ)。[[島津斉彬]]の養女になり'''篤子'''(あつこ)に、[[近衛忠煕]]の養女となった際には'''敬子'''(すみこ)と名を改めた
 
実父は、[[薩摩国]]([[鹿児島県]])藩主[[島津氏|島津家]]の一門・[[今和泉家|今和泉]]領主[[島津忠剛]]。[[島津斉宣]]の孫にあたる。
 
幼名、一(かつ)。本家で従兄弟の[[島津斉彬]]の養女になり'''源 篤子'''(みなもと あつこ)に、[[近衛忠煕]]の養女となった際には'''藤原 敬子'''(ふじわら すみこ)と名を改めた。
 
== 生涯 ==
[[鹿児島城]]下に生まれる。[[嘉永]]6年([[1853年]])、従兄弟にあたる薩摩藩主・[[島津斉彬]]の養女となり、同年鹿児島から江戸藩邸に入る。従兄斉彬の養女となったのは、将軍家への輿入れを想定に入れたものであった。それ以前から[[大奥]]より島津家に対して縁組みの持ちかけがあった。大奥の目的は、島津家出身の御台所([[広大院]])を迎えた先々代将軍・[[徳川家斉]]が長寿で子沢山だったことにあやかろうとしたものと言われる。当時の将軍・[[徳川家定]]の正室は次々と夭死しており、家定自身も病弱で、子供は一人もいなかった。
 
一方、篤子は斉彬から政治的使命を帯びて[[江戸城]]へ送り込まれたとされる。斉彬は将軍後継問題を巡り、次期将軍に一橋慶喜([[徳川慶喜]])を推す一橋派と、紀州慶福([[徳川家茂]])を推す南紀派に分かれて対立する幕閣において、慶喜の将軍後継を実現させるために篤子を徳川家へ輿入れさせた。但し、藩主の実子であった広大院に対し、篤姫自身は島津家の分家の出身であり、一橋派大名からも「あまりにも御台所としては身分が低すぎる」と言う懸念の声があった<ref>慶喜の父・[[徳川斉昭]]は斉彬がなりふり構わない手段をとり、このように身分の低い女性を送り込むこと自体、将軍家を軽んじている姿勢の現れではないかという内容の書状を残している。参考『徳川将軍家の結婚』ISBN 4166604805</ref>。
匿名利用者