「大江親広」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''大江 親広'''(おおえ の ちかひろ、生年不詳 - [[1242年]][[1月17日]]([[仁治]]2年[[12月15日 (旧暦)|12月15日]]))は[[鎌倉時代]]前期の[[武将]]。父は[[大江広元]]。母は[[源仁綱]]の娘。[[大江広元]]の長男。妻は[[北条義時]]の娘。
 
[[源通親]]の猶子となって源親広と称したが、[[1216年]]6月に大江に復姓した。父が幕府の実力者であったことから将軍・[[源実朝]]に寺社奉行として重用され、[[北条氏]]からも厚い信任を受けた。[[1219年]]1月、実朝が[[公暁]]に暗殺されたため、出家して蓮阿と号した。同年2月、[[伊賀光季]]と共に[[京都守護]]に任じられて上洛した。[[1221年]]の[[承久の乱]]では[[後鳥羽天皇]]の招聘に応じて官軍側に与し、[[近江国]]にて幕府軍と戦ったが、敗れて京都に戻った。
匿名利用者