「吉川氏」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
[[藤原南家]]工藤流の流れを汲む。吉川の名乗りは[[駿河国|駿河]]入江荘吉川(現在[[静岡市]][[清水区]])の地名に基づくもので、吉川以外に「吉河」「吉香」とも書かれる。
[[鎌倉時代]]に[[承久の乱]]で功を挙げて[[播磨国]]福井荘(現在[[兵庫県]][[姫路市]])、[[安芸国]]大朝荘(現在[[広島県]][[北広島町]])の[[地頭]]となった。南北朝時代から室町時代初期にかけては[[摂家]]の一つ、[[一条家]](後の[[土佐一条氏]])の領地のある土佐南部の分郡[[守護]]も務める
 
南北朝時代から室町時代にかけては[[土佐国]]の分郡[[守護]]に任命される。
 
鎌倉時代末期の[[1313年]]に宗家は安芸国に移住し、[[駿河丸城]]、続いて[[小倉山城]]を拠点に強盛を誇った。その兵は精強で、吉川経基の頃には'''「鬼吉川」'''と呼ばれ、他家からは畏怖された。
 
匿名利用者