「近衛前久」の版間の差分

天文5年(1536年)[[京都]]に生まれる。父は、[[近衛稙家]]。母は[[久我通言]]養女慶子。妹は[[朝倉義景]]の正室。
 
天文9年([[1540年]])に元服し、[[室町幕府]]第12代将軍[[足利義晴]]から一字を貰って[[近衛晴嗣]]と称する。天文10年([[1541年]])従三位に叙せられ[[公卿]]に列する。天文16年([[1547年]])に[[内大臣]]、天文22年([[1553年]])に[[右大臣]]、天文23年([[1554年]])に[[関白]][[左大臣]]となる。
 
 
天文10年([[1541年]])従三位に叙せられ[[公卿]]に列する。天文16年([[1547年]])に[[内大臣]]、天文22年([[1553年]])に[[右大臣]]、天文23年([[1554年]])に[[関白]][[左大臣]]となる。
 
[[永禄]]2年([[1559年]])[[越後国|越後]]の長尾景虎(後の[[上杉謙信]])が上洛したが、前久と景虎は互いに肝胆照らし合い、血書の起請文を交わして盟約を結んだ。景虎(謙信)との間に、[[男色]]の契りを結んだとも云われている。前久は、関白の職にありながら、永禄3年([[1560年]])に越後に下向し、更に景虎の[[関東]]平定を助けるために[[上野国|上野]]、[[下総国|下総]]の[[古河]][[御所]]に赴くなど戦国の公家らしい行動力に溢れていた。しかし、永禄5年([[1562年]])8月に帰洛する。景虎の関東平定後に[[上洛]]を促す計画であったともされている。前久への改名はこの年の事である。
匿名利用者