「形声」の版間の差分

形声字の表など
(形声字の表など)
'''形声'''(けいせい)とは、[[漢字]]の造字法を表す[[六書]](りくしょ)の一つである。'''象声'''、'''諧声'''ともいう。
 
== 構成 ==
事物の類型を表す記号(意符)と発音を表す記号(音符)を組み合わせて新しい字を作る。形声によって作られた漢字を[[形声文字]](けいせいもじ)という。漢字の 90% 以上が形声文字とも言われていである。
 
例えば(コウ)、(カ)のように、左半分の「[[水部|]]」(さんずい)によって、水に関することであること類推意符、水を表し、右側の「工」や「可」が音符その、各が表す語の音を推測表す。字典[[部首]]とされていものが、意符となることが多い
 
音符は音を表すであるが、まったくの[[表音文字]]とは異なり、ある程度、意味に共通点関連がある場合ことがある。このため、[[宋代]]以降、音符のほうに意味を区別する語源があるのだとする[[右文説]](うぶんせつ)が唱えられた。例えば「晴」、「清」は「青」を音符とし、それぞれ「[[日部|日]]」、「氵」を意符とするが、どちらも「青」の意味と関連がある
漢字字典で部首とされているものが、意符となることが多い。
 
== 形声文字の類型 ==
音符は音を表すのであるが、まったくの表音文字とは異なり、ある程度、意味に共通点がある場合がある。このため、[[宋代]]以降、音符のほうに意味を区別する語源があるのだとする[[右文説]](うぶんせつ)が唱えられた。
#=== 左が意符、右が音符 ===
極めて多い。
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:center"
! colspan="2" rowspan="2" |  
! colspan="3" | 音符
|-
! 右 !! 可 !! 申
|-
! rowspan="3" | 意符
! 亻
| 佑 || 何 || 伸
|-
! 口
| || 呵 || 呻
|-
! 礻
| 祐 || || 神
|}
 
#上=== 右が意符、が音符 ===
== 形声文字の類型 ==
多い。
#左が意符、右が音符
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:center"
#右が意符、左が音符<br>切、期、故、戦、群、領…
! colspan="2" rowspan="2" | &nbsp;
#上が意符、下が音符
! colspan="3" | 音符
#下が意符、上が音符 <br>梨、斧、想…
|-
#外が意符、内が音符<br>園、閥、衷、匡
! 工 !! 交 !! 吉
#内が意符、外が音符<br>聞、問、辯、辨
|-
#角が意符<br>穎(禾が意符、頃が音符)、雜(衣が意符、集が音符)、修(彡が意符、攸が音符)
! rowspan="3" | 意符
#角が音符<br>施(也が音符、その他の部分が意符)、敷(甫が音符)
! 力
| 功 || 効 || 劼
|-
! 攵
| 攻 || 效 ||
|-
! 頁
| 項 || || 頡
|}
 
=== 上が意符、下が音符 ===
== 造字の歴史的変遷 ==
多い。草 (艹 + 早)、雲 (雨 + 云)、宇 (宀 + 于) など。
歴史的に見ると、音符が先にあって、後に意符がつけられていった例が少なくない。
例えば、「然」はもともと「もえる」の意味であったが、「しかり」の意味が本義になってくると、もとの本義であった「もえる」の意味を表すためには「火」編をつけて「燃」とした。「要」も「こし」から「かなめ」の意味が中心になってくると、元の「こし」は「腰」とするようになったなど。
 
#=== 下が意符、上が音符 <br>梨、斧、想… ===
逆に後世では、新しい言葉がうまれる、つまり音の組み合わせが生まれると、形声によって新しい文字を作っていった。ここでの音符は意味の近さなどはあまり考慮されず、[[表音文字]]的に使われている。
多い。梨 (木 + 利)、斧 (斤 + 父)、想 (心 + 相) など。
 
#=== 外が意符、内が音符<br>園、閥、衷、匡 ===
[[構]]が意符の字は多い。園 (囗 + 袁)、閥 (門 + 伐)、衷 (衣 + 中)、術 (行 + 朮) など。
 
#=== 内が意符、外が音符<br>聞、問、辯、辨 ===
少ない。聞 (耳 + 門)、齋 (示 + 齊)、辯 (言 + 辡)、疆 (土 + 彊) など。
 
=== 一隅が意符、三隅が音符 ===
非常に少ない。修(彡 + 攸)、磨(石 + 麻)、雇(隹 + 戸)など。
 
=== 三隅が意符、一隅が音符 ===
[[繞]]や[[垂]]が意符の字は多い。遠 (辶 + 袁)、病 (疒 + 丙)、趣 (走 + 取) など。
 
== 造字歴史的変遷 ==
歴史的に見ると、元の字に後から意符が付けられた例が少なくない。例えば、「然」はもともと「もえる」の意味であったが、「しかり」の意味が本義になってくると、もとの本義であった「もえる」の意味を表すために[[部|火]]つけ加えて「燃」とした。同様に「要」も「こし」から「かなめ」の意味が中心になってくると、元の「こし」は「腰」とするようになったなど
 
逆に後世では、新しい言葉がうまれる、つまり音の組み合わせが生まれると、形声によって新しい文字を作っていった。ここでの音符は意味の近さなどはあまり考慮されず、[[表音文字]]的に使われている。
 
 
4,012

回編集