「平手氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''平手氏'''(ひらてし)は日本の氏族。
 
平手氏は『尾張諸家系図』によれば、[[新田氏]]流[[世良田氏]]([[松平親氏]]を始祖とする[[松平氏]]の前身)から分岐した平手義英(親氏の兄弟とされ、[[永享]]3年([[1431年]])生まれとするが、実在の人物かどうかは疑わしい)を始祖とする氏族と伝わる。
[[伝承]]によると、[[世良田氏]]([[新田氏]]の庶流・[[松平氏]]の前身)から分かれた氏族と伝わるが確証はなく信憑性は薄い。或いは[[久松氏]]と同族とされ、[[菅原氏|菅原姓]]から出たとの説もある。さらに[[尾張国]]の豪族・[[荒尾宗顕]]([[荒尾氏]])の系統とも伝わる(本姓は[[在原氏]]とする)。続いて[[賀茂氏]]の流れの説もあって、確証に乏しいのが実情である。
 
しかし、政秀に至る世代系譜が矛盾する部分が多いために、確証性も乏しいため信憑性が薄く、[[伝承]](後世に作成された可能性が高い)に近い。
 
[[伝承]]によると実際は[[世良田氏]]([[新田氏]]の庶流・[[松平氏]]の前身)から分かれた氏族と伝わるが確証はなく信憑性は薄い。或いは[[久松氏]]と同族とされ、[[菅原氏|菅原姓]]から出たとの説もある。さらに[[尾張国]]の豪族・[[荒尾宗顕]]([[荒尾氏]])の系統とも伝わる(本姓は[[在原氏]]とする)。続いて[[賀茂氏]]の流れの説もあって、確証に乏しいのが実情である。
 
戦国時代には[[織田信長]]の[[傅役]]を務めたことで有名な[[平手政秀]]がいる。政秀は若き頃の血気盛んな信長の奇行を諌めるため自害。子の[[平手久秀]]が信長と諍いを起こしたことが原因との説もある。久秀の子(政秀の孫)、[[平手汎秀]]は、[[武田信玄]]の上洛軍に敗れて、討ち死にした。
匿名利用者