「転地療養」の版間の差分

m
dab AWB
m (dab AWB)
==概要==
*かつては、治療方法が解明されていない[[病気]]等の治療に用いられた。このため、裕福な患者を収容するための療養所([[サナトリウム]])や[[別荘]]地が、[[高原]]地域などに設置された。
*現代でも[[ストレス (生体)|ストレス]]性の症候(無自覚性のものも含めて)などに対して、転地療養の効果(転地効果)は認められているところである。その点では、小旅行や[[ハイキング]]ですら広義の転地療養と考えられる。
 
==社会的な認知==
11,679

回編集