「音価」の版間の差分

編集の要約なし
m (wikify, 書きかけ警報)
'''音価'''とは、ある[[音]]にいて、ある[[楽譜]](または休止)定め与えられた[[楽譜]]上の時間の長さをいう。例えば、楽譜に[[音符|二分音符]]が示されているならば、その二分音符の音の長さ(当然二分音符分)が、その二分音符の音価である
例えば、楽譜に[[二分音符]]が示されているならば、その二分音符の音の長さ(当然二分音符分)が、その二分音符の音価である。
 
音価は、その音符または休符が支配する時間を示すものであるから、その符の開始点から次の符の開始点までがその符の音価である。人間の耳は音の開始には敏感であるが、音の終了にはあまり注意を払わない傾向がある。特にものを叩く時のような音がだんだん弱くなっていくような音においてその傾向は顕著である。よって、音を音価の途中で始めることはなくても音価の途中でやめることはよくあることである。[[スタッカート]]は、音を音価の途中でやめることを明示する記号のひとつであるし、音が持続しない[[打楽器]]や[[撥弦楽器]]では実際の音がどこで終わったのか明確でないこともある。
実際の演奏で、譜面の音価どおり、演奏しなければならないかといえばそのようなことはない。楽器や奏法にもよるが、厳密に守るのは無理であるし、曲やその解釈によって"適度な"音の長さが存在することもある。しかし、音価を意識することは重要である。
 
----
また、楽譜上における符が、[[拍]]に対する相対的な長さを示す以上、音価もそうであって、拍の長さが(すなわち、[[テンポ]]が)変われば、それに伴って同じ音価も長くなったり短くなったりする。
''この記事は [[Wikipedia:完璧なスタブ記事|書きかけ]]です。この記事を[[Wikipedia:書きかけの記事の探し方、直し方|直して]]下さる協力者を求めています。''
1,968

回編集