「天璋院」の版間の差分

編集の要約なし
'''天璋院'''(てんしょういん・島津篤子→近衛敬子、[[天保]]6年[[12月19日 (旧暦)|12月19日]]([[1836年]][[2月5日]]) - [[明治]]16年([[1883年]])[[11月20日]])篤姫(あつひめ)は[[江戸時代]]後期から[[明治]]の女性で、[[近衛家]]の娘として[[徳川家]]に嫁ぎ江戸幕府13代将軍[[徳川家定]][[御台所]]([[正室]]、[[継室]])となった人物である。
 
実父は[[薩摩]]([[鹿児島県]])藩主[[島津氏|島津家]]の一門・[[今和泉家|今和泉]]領主・[[島津忠剛]]。[[島津斉宣]]の孫にあたる。
 
幼名・一(かつ)。本家で従兄弟の[[島津斉彬]]の養女になり'''源 篤子'''(みなもと あつこ)に、[[近衛忠煕]]の養女となった際には'''藤原 敬子'''(ふじわら すみこ)と名を改めた。