「京都御所」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[画像:Kyotopalace.jpg|thumb|250px|京都御所の外側からの建礼門]]
 
'''京都御所'''('''きょうとごしょ''')は、[[京都府]][[京都市]][[上京区]]にある[[皇居]]。[[明治維新]]の[[東京奠都]]と[[東幸]]により、[[天皇]]が東京の皇居(旧[[江戸城]])に移ったため、明治10年([[1877年]])保存された。[[戦前]]には'''京都皇宮'''(きょうとこうぐう)とも称された。
 
もともと[[平安京]]での正式な皇居は平安京の中央部付近に位置する[[内裏]]であったが、戦乱などによって荒廃したために[[里内裏]]に移った。土御門東洞院内裏は、この里内裏の一つで、のちに北朝と呼ばれることになる[[持明院統]]の天皇家が歴代居住した御所であった。ちなみに南朝と呼ばれることになる大覚寺統の天皇家の御所は二条富小路内裏であった。現代の京都御所は土御門東洞院内裏そのものではなく、土御門東洞院内裏を基に拡充されたものである。
4,398

回編集