「内閣総理大臣官邸」の版間の差分

typo
(typo)
(typo)
*旧官邸と渡り廊下で連結していた平屋造り508平方メートルの旧公邸は、その外観(→ [http://www.kantei.go.jp/jp/vt2/main/07/photo-koutei01.html 画像])こそは官邸に連なるライト風の建物だったが、内装には和式を取り入れていたことから、完成当時は「日本間」と呼ばれていた。内装が完了するとすぐに[[田中義一]]が入居し、以後六人の歴代総理がここに寝起きした。
 
*その後[[五・一五事件]]や[[二・二六事件]]など大事件の舞台となり、[[犬養毅]]や[[松尾伝蔵]]など数人の死者も出している<ref>1932年5月19日、犬養の葬儀が官邸大ホールでしめやかに執り行われた。旧官邸(新公邸)で葬儀が行われたのはこの犬養の葬儀が唯一の例で、他には1923年8月28日にかつての木造官邸の大広間で執り行われた[[加藤友三郎]]の葬儀の例があるのみである。</ref>。正面玄関には二・二六事件の際のものといわれる弾痕が残っていた。そうした背景からか、旧公邸では時折軍服姿の幽霊が出ては人を驚かせたという。[[森喜朗]]も肝を冷やされた一人で、ある晩森が寝ていると、ザック、ザック、という軍靴の足音が近づいてきて、寝室の扉の前でぴたりと止まる。慌てて飛び起きた森が「誰だ!そこにいるのはっ!」と寝室のドアを蹴り開けたが、そこには誰もいなかった。すぐに秘書官に連絡を取ったが、公邸にそのような者たちが入ってくるはずもなく、森はそこではじめて背筋が寒くなったという<ref name=Iwaya-Mori>衆議院議員・岩屋毅が森本人から直接聞いた話。<sup>[http://www.t-iwaya.com/essay_bn/bn22.html]</sup></ref>。その森を引き継いだ小泉に森がこの話をすると、小泉は声高に笑って「なに言ってるんですか。幽霊なんかいるわけないでしょ。俺はそんなのまったく信じないから怖いことなんかないよ」と、相手にもしない様子だったが<ref name=Iwaya-Mori/></small>、あとで神主を呼んでしっかり[[祓|お祓い]]をしたという<ref>岩屋が小泉本人から直接聞いた話。<sup>[http://www.t-iwaya.com/essay_bn/bn22.html]</sup></ref>。[[羽田孜]]の綏子夫人も「霊が見えるという人がいて、お祓いをしていただいた。庭に軍服を着た人たちがたくさんいるというんです」という話を紹介している。
 
[[Image:Nihon-ya.jpg|thumb|250px|「日本家」<br /><small>仮公邸 (1937-45年)として建造されたが、ここに総理が住むことは一度もなかった。</small>]]
 
<gallery>
Image:Tekigai-so.jpg|<small>「[[荻外荘]]」<br />現在でも近衛家所有なので見学はできないが、塀越しに垣間見ることができる。</small>
Image:Ogikubo Kaidan.jpg|<small>第二次近衛内閣の発足を控えて荻外荘で行われた「荻窪会談」では「東亜新秩序」の建設が確認された。左から近衛文麿、[[松岡洋右]]外相、[[吉田善吾]]海相、[[東条英機]]陸相。</small>
Image:Hatoyama Hall (external appearance) BW.jpg|<small>「[[音羽御殿]]」<br />現在は多目的集会所[[鳩山会館]]として一般に公開されている。<small>
Image:Hatoyama and LDP leaders in Otowa Mansion.jpg|<small>音羽御殿の応接室に集まった自民党幹部。中央に鳩山一郎、その左に[[石橋湛山]]、右に[[池田勇人]]が見える。音羽御殿は[[保守合同]]や[[日ソ共同宣言|日ソ国交回復]]へ向けた調整などの舞台にもなった。</small>
</gallery>
 
== 注釈 ==
<div class="references-small">{{reflist|2}}</div>
 
== 関連項目 ==
6,026

回編集