「高峰秀子」の版間の差分

誤リンク
(誤リンク)
[[Image:24 Eyes 1.jpg|thumb|250px|『二十四の瞳』(1954)]]
*女優としての黄金時代を迎えたのがこの時期である。数々の名監督とタッグを組み、八面六臂の活躍を見せた。
*[[松竹]]においては[[木下恵介]]監督作品に多く出演し、日本初のフルカラー作品となった『[[カルメン故郷に帰る]]』をはじめ、『カルメン純情す』、『[[二十四の瞳]]』、『[[喜びも悲しみも幾歳月]]』などの作品に出演した。
**『二十四の瞳』の撮影で当時木下の助監督をしていた松山善三と出会い 監督、1955年結婚する。仲人は[[川口松太郎]]、[[三益愛子]]夫妻に[[木下恵介]]の3名だった。
*東宝においては[[成瀬巳喜男]]監督作品に多く出演し、『[[浮雲 (映画)|浮雲]]』をはじめ『[[女が階段を上る時]]』(衣装も彼女が担当した)、『[[流れる]]』、『乱れる』、『妻の心』、『[[放浪記]]』、『娘・妻・母』などの作品に出演した。
6,026

回編集