メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''童画'''(どうが)とは大人が子供向けに(子供のために)描いた[[絵画]]である。これに対して、「[[児童画]]」や「幼児画」は子供自身が描いた[[絵画]]をいう
これに対して、「[[児童画]]」や「幼児画」は子供自身が描いた[[絵画]]である。
 
[[1925年]]に[[武井武雄]]が開催した個展「武井武雄童画展」で初めて童画という言葉が使われた。それまで[[童話]]の添え物として軽視されていたこの分野を芸術の域まで引き上げることをめざして造語したもので、[[1927年]]には武井武雄、[[初山滋]]、[[川上四郎]]、[[岡本帰一]]、[[深沢省三]]、[[村山知義]]、[[清水良雄]]ら7人で「[[日本童画家協会]]」を結成した(~1941年)
武井武雄は、それまで[[童話]]の添え物として軽視されていたこの分野を芸術の域まで引き上げることをめざして造語したもので、[[1927年]]には武井武雄、[[初山滋]]、[[川上四郎]]、[[岡本帰一]]、[[深沢省三]]、[[村山知義]]、[[清水良雄]]ら7人で「[[日本童画家協会]]」を結成した(~1941年)。
 
童画という呼称はその後広まった。
** [http://www.ilf.jp/contest/index.htm 日本童画大賞]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:絵画のジャンル|とうか]]}}
[[Category:日本絵画美術|とうかジャンル]]
[[Category:子供|とうか美術]]
[[Category:日本の美術]]
[[Category:子供]]
1,503

回編集