「イランの地方行政区画」の版間の差分

m
編集の要約なし
(en:Provinces of Iranの2007-12-22 19:50:07(UTC) の版よりFurther Subdivisionsの節を翻訳して加筆。)
m
== 特徴 ==
イランの行政区画の特徴は、その導入の目的から理解できるように、きわめて強い行政性にある。すなわち文化的・地理的一体性は法にうたわれるもののしばしば軽視され、行政側の意向によって決定されている。そのため、制度的には安定的とはいえず、各級地方行政区画の改廃、境界の変更は日常茶飯事である。これはオスターンでさえ例外ではなく、政府の意向に反して必ずしも行政区画が日常の生活と密接に関わりをもち[[アイデンティティー]]の一部として用いられる「地域」とは一致していない。たとえば[[日本語]]における[[県民性]]のような議論をする際に「[[東アーザルバーイジャーン州]]の人間は云々」というより、その州都「[[タブリーズ]]の人間は云々」といわれる。これはイランにおける[[都市]]と[[後背地]]の関係からイランにおける地域認識は後背地をふくめその都市名称をして地域にあてるという認識があるためと考えられる。本事典における州の記述が、州都の記述ときわめて密接な関係にあるのもこの反映である。
 
== 関連項目 ==
* [[イランの州|オスターン(州)の一覧]]
* [[イランの郡の一覧|シャフレスターン(郡)の一覧]]
* [[イランの都市の一覧|シャフル(市)の一覧]]
 
==参考文献==