「宇宙開発競争」の版間の差分

(ヴァージン・ギャラクティック)
ソ連の宇宙開発初期の成功後、特にガガーリンの宇宙初飛行後、ケネディ大統領とジョンソン副大統領はより強力に大衆の想像力をかきたてる宇宙計画は何であるか、探し続けていた。その結果アメリカはより遠い目標である月探検を、10年以内で達成するという公約を打ち出した。[[1961年]][[5月25日]]の連邦議会特別両院合同会議の席上、ケネディはこの公約を言明し、月軌道周回という内部研究にすぎなかったアポロ計画の目標が月へと変わった。以後、マーキュリーやジェミニといった有人飛行計画やその他の月探査計画は、月に人類を送り込むアポロ計画のための技術開発や飛行士訓練、現地調査の一環となった。
 
巨額を要するアポロ計画は多くの反対にさらされ、それゆえ左右の政治家による異論を一掃するだけの成果を上げる必要があった。(右派政治家は宇宙開発費を[[ヴェトナム戦争]]を勝つための戦費や兵器開発に回すことを主張し、左派政治家は社会[[福祉]]や根深い人種問題の解決などに予算を回すべきだと主張した。)アポロ計画推進派が主張した実利は以下のようなものがあった。
* アポロは次回の[[選挙]]で鍵となる州に対して経済効果を約束し、与党の勝利を確実にできる。
* アポロの技術は軍事利用できるため、1960年の選挙でケネディが触れた米ソの「[[ミサイル・ギャップ論争|ミサイル・ギャップ]]」を埋めることができる。
6,063

回編集