「赤道傾斜角」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''赤道傾斜角'''(せきどうけいしゃかく)とは、[[惑星]]や[[衛星]]など軌道、[[自転]]しつつ[[公転]]運動する天体の軌道面と赤道面のなす角である。[[自転軸]]と公転軸のなす角に等しいため、'''自転軸傾斜角'''とも言う。この角は、自転と公転の軸のずれを表す。英語では '''axial tilt''', '''axial inclination''' あるいは '''obliquity''' と呼ぶ。この角は天体の[[自転軸]]と軌道面の[[法線ベクトル]]とのなす角に常に等しいため、赤道傾斜角は天体の軌道面に対する自転軸の傾きの度合を表す
 
赤道傾斜角は0度から180度の範囲の値をとる。赤道傾斜角が0の場合、その天体の自転軸は軌道面に垂直である。赤道傾斜角が90度の場合にはその天体の自転軸は軌道面に対してちょうど横倒しとなっている。赤道傾斜角が90度を超える場合はその天体は倒立している、つまり[[南極]]を軌道面の北側に向けており、軌道面の北側から見た時の[[自転]]の向きが逆転して時計回りの回転になっていることを表す。
匿名利用者